B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

患者の不安を受け止め 痛みの再発を防ぐ整骨院
おかもり整骨院 院長 岡森徳大

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 大阪府茨木市のおかもり整骨院さんにお邪魔しています。とてもおしゃれで清潔感のある、すてきな整骨院ですね。さっそくどのような施術をしていらっしゃるのか教えてください。
 
岡森 当院のコンセプトは、筋肉を緩めて痛みや不調を取り除くことです。そのために徒手療法や鍼に加え、光線治療もご提供しています。光線治療とは可視光線と赤外線、紫外線をミックスした太陽光に近い光を当てる治療法です。血流をうながして体を温め、免疫機能を高めて骨を強くするのはもちろんのこと、皮膚病の治療や自律神経の調整にも効果があるんですよ。また、体に有害な紫外線はカットしてありますのでご安心ください。
 
タージン さまざまな要素を融合させた施術なんですね。それにしても34歳とお若い岡森院長は明るくて話しやすいお人柄です。
 
岡森 ありがとうございます。私が大切にしているのは患者様のお話を傾聴すること。どんな状態なのか時間をかけてお聞きし、病院の検査や数字に表れない痛み、慢性的な不調を取り除くことに力を入れているんです。
 
タージン 確かに慢性的な痛みで改善がのぞまれないと思い込んでいる方は多そうですね。ところで、岡森院長が治療家を目指したきっかけやご経歴は?
 
岡森 私は高校時代まで野球に打ち込んでいました。ポジションはキャッチャーで肩や腰のケガが多く、当時から整骨院によく通っていたんです。その体験から「将来は人の役に立つ仕事がしたい」と考えるようになりまして。医療専門学校に6年通って柔道整復師と鍼灸師の資格を取り、在学中から整骨院で働き経験を積んできました。卒業後の2016年からは高槻市の整骨院に勤務し、今年2021年7月に満を持して当院を開業したところです。
 
タージン 強い信念がなければ学生時代の志を貫くことはできません。あらためて岡森院長のポリシーや治療に懸ける情熱をお聞かせください。
 
glay-s1top.jpg
岡森 私は、利益のために治療を長引かせるようなことはしません。患者様に少しでも早く当院を卒業していただくことを目的にしています。そして、できるだけ再発しにくい体づくりをすることを信念にしております。
 
タージン キャッチャーの経験をお持ちなだけあって、患者さんの不安な気持ちもしっかり受け止めてくれる貴重な存在だと思います。持って生まれた“任”をお持ちの岡森院長にとって、治療家はまさに天職ですよ。今後も地域の方のために頑張ってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
自分がどう楽しむかを常に念頭に置き、従業員の働きやすい環境をつくること。そして、どうしたら患者様に笑顔になって帰っていただけるか。これらを日頃からしっかり考えながら動くことで、自分の仕事がさらに楽しくなるのではないかと思います。
(岡森徳大)
 

:: 事業所情報 ::

おかもり整骨院

〒567-0031 大阪府茨木市春日1-12-7 アジャート101

ホームページ
https://okamori-seikotuin.com