B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

顧客目線で寄り添う
高額買取の中古車販売店

 

利益を抑え総額表示で中古車を販売

 
glay-s1top.jpg
狩野 それだけの成果を上げたことが、独立するきっかけになったのでしょうね。
 
前田 はい、私は30歳で独立し弊社を創業しました。ありがたいことに勤務先から引き留めていただいたものの、私は恩人である社長が30歳で起業したことを知っていたので、憧れの気持ちもあって同じ年齢で独立を決意したんです。
 
狩野 前田代表の今があるのも、最初に修業に送り出してくれた恩人のおかげだったんですね! ところで、中古車は気に入った車の価格が適正なのか悩む人も多いと思います。AUTOLET'Sさんが、どのような姿勢でお客さんと接しているのかポリシーを教えてください。
 
前田 昔から一貫して大切にしているのは、常にお客様目線であることです。実を言うと、中古車業界の利益率は驚くほど高いんです。しかも、本来なら本体価格に含めるべき整備費・リサイクル料金・税金などの諸費用を上乗せすることもあるんですよ。
 
狩野 私もときどき中古車情報のサイトを見ますよ。本体価格で検索し安い順に並べ替えたのに、総額表示にすると値段や順位ががらりと変わって驚いてしまいます。
 
前田 そうですよね。そこで弊社は最初から正直に総額で表示し、しかも、利益は他社の半分ほどに抑えて中古車を販売しています。また、ローンについても業界を調べ尽くし最低に近い金利でご提供しています。おかげさまで当店を立ち上げてから約1年間、お客様から「価格が高い」とか「値引きしてほしい」と言われたことは一度もありません。
 
glay-s1top.jpg
狩野 これは驚きました。前田代表が、常にお客さんの目線で寄り添ってくれているのだとわかりますよ。購入後も継続してサポートしてくださるんですか?
 
前田 もちろんです。車を購入した方にお近くの信頼できる整備業者をご紹介し、修理のご相談からお見積もりまで、すべて私たちを通してやりとりしていただくシステムを採用しています。車検にしても修理にしても、本来なら乗り方によって交換部品は変わってくるもの。常にヒアリングしながら、本当に必要な修理をするようアドバイスしています。そうでないものは「必要ありませんよ」とハッキリお伝えしますよ。
 
狩野 愛車の修理を依頼して「部品を交換した」と言われたけれど、どこをどのように交換したのかさっぱりわからない・・・という経験が私には何度もあります。でも、前田代表のご対応なら安心して車を預けることができますね。その真摯な姿勢が、AUTOLET'Sさんの信用をどんどん高めているのがよくわかります。それではいよいよ、注目の委託販売について詳しく教えていただけますか。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事