B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

一人ひとりが主人公! 心技体のサッカー指導
ele marca sports 代表 山本雅史

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 城彰二(サッカー元日本代表)
 埼玉県さいたま市でサッカースクールを運営するele marca sports(エルマルカスポーツ)さん。まずは、山本代表のご経歴を教えてください。
 
山本 私は小学生の頃からサッカーを始め、地元の中学校、高校ではサッカー部のキャプテンを務めていたんです。当初はプロ選手を目指していました。しかし、自身とプロ選手との実力差を痛感し、プロへの道を断念したんです。卒業後は、自動車整備の資格を取りディーラーに就職しました。すると、しばらくして高校の恩師から、サッカー指導者の仕事を紹介していただいたんですよ。申し出を受けた私は専門学校に通い、昼は指導論や心理学を学び、午後は某サッカースクールのコーチとして仕事をしていました。そして、とある元Jリーガーとの出会いをきっかけに、本格的に指導者の道へ進み始めました。
 
 それでサッカー指導者としての道が開けたわけだ。プロ選手だけではなく、日本のサッカー界全体のレベルを底上げして盛り上げるためにも、山本代表のような存在は本当に重要だと思いますよ。
 
山本 ありがとうございます。その後も、私はスタジアムのスクールコーチを長年務め、ジュニアユースの監督やヘッドコーチなどを経験しました。そして2017年に独立し、当スクールを開校したんです。
 
 指導者として経験を積み、着実にステップアップしてこられて、このスクールができたんですね。独立のきっかけはなんだったんでしょうか?
 
glay-s1top.jpg
山本 「誰でも参加できるスクールをつくりたい」という思いがあったからです。当スクールは、病気や障がいのある子どもたちにもサッカーを楽しんでもらいたいと考え、分け隔てなく受け入れているんですよ。
 
 素晴らしい! 一般的なサッカースクールとは異なるコンセプトのようですね。
 
山本 ええ。サッカースクールの多くは、プロを目指す子を指導する環境を整えていて、ハードな練習も多々あります。その中で実力に差が出始めると、次第にサッカーを楽しむ気持ちがなくなり、「一体なんのためにプレーしているのかわからなくなってしまった」という子どもたちが少なくないんです。中には、コーチから高圧的な指導を受けたせいで「サッカーがつまらなくなった」という子もいるんですよ。そこで私は、そのような業界全体が抱える問題を変えたいと考えたんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事