B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

ライフスタイルLIFESTYLE

◆贈答品の飾りだけじゃない
水引の新たな可能性とは

 
glay-s1top.jpg
日常に取り入れたい、水引でできた色とりどりの香袋
glay-s1top.jpg
自遊花人を率いる、水引作家の廣瀬由利子氏
「水引」と聞けば、日本人の多くが祝儀袋や贈答品の飾り紐などをすぐに思い浮かべるのでは? 水引は、和紙でこよりをつくり、糊などを引いて固めて染めたもの。日本における歴史は古く、室町時代には使用されるようになっていたのだとか。色の組み合わせや結び方も様々で、一般的によく目にするものといえば、紅白や金銀のあわじ結び、結び切りなどが挙げられます。日本の冠婚葬祭などに深く結びつき、身近に感じられるいっぽうで、それ以外の用途で使われるイメージは薄かったのではないでしょうか。
 
そんな水引が、近年ではモダンに進化を遂げ、国内外の幅広い層から注目を集めています。稀少伝統工芸水引細工の産地、石川県金沢市。その金沢を拠点に、「日常で楽しめる水引」というコンセプトのもと、現代風にアレンジした水引作品を発信しているのが、水引作家・廣瀬由利子氏が率いる「自遊花人」です。
 
「伝統工芸とは人に愛され、使われてこそ、その価値がある」。自遊花人は、水引を伝統文化として残すべく、和とモダンの融合――“Wadern STYLE(ワダンスタイル)”をテーマに、水引の新たな可能性を切り拓いています。華やかで美しい自遊花人の水引で、日常に和の心と彩りをプラスしてみませんか?
 

◆魅せる、飾る、しつらう
日常に寄り添う水引作品

 
glay-s1top.jpg
水引のランプシェード。編み目からこぼれる光が優しい
20年近く、新しい水引の世界を追求し続けている水引作家・廣瀬氏。国際文化交流に参加した際、海外の人々が日本の水引を熱心に学ぶ姿に感銘を受けたことが、現在の活動の原点だと言います。人々に興味を持ってもらい、水引を伝統文化として後世に受け継いでいくため、現代の感覚にフィットする、大小様々な作品を手がけてきました。
 
作品の最大の特長は、やはり「日常で楽しめる」という点。身近に感じられるものの1つとして、モダンなアクセサリーを数多く手がけており、水引に馴染みが薄い若い世代も魅了しています。水引をあしらったネックレスやピアスは柔らかな風合いを持ち、コーディネートに和の趣を程よくプラス。ネックレスやピアス以外にも、ブローチや髪飾り、バッグなどファッション雑貨が豊富にそろい、気軽に日常に水引作品を取り入れることができるのは、嬉しい限りです。
 
glay-s1top.jpg
普段使いしやすいチョーカー「たまゆら」
glay-s1top.jpg
モチーフが優美なペンダント「プリュム」
glay-s1top.jpg
繊細な花弁が美しいブローチ「ローズ」
 
この他、インテリア雑貨も充実しており、手軽に和モダンなインテリアを叶えてくれるのも魅力。正月飾りや雛人形、兜といった日本の伝統行事に応じた祝い飾りは、住まいの季節感の演出に一役買ってくれることでしょう。また、水引を用いた旅館や住宅などの空間装飾、季節に合わせた演出なども行っており、実際に県内の旅館などで目にすることができます。水引ならではの繊細なデザインと鮮やかな色使いを活かした、華やかかつ落ち着いた空間は、一見の価値ありです。
 
glay-s1top.jpg
日常の食卓が華やぐ、水引の折敷
glay-s1top.jpg
ゴージャスなアンティークトレー
glay-s1top.jpg
これからの季節に正月飾りはいかが?
 
glay-s1top.jpg
加賀山代温泉星野リゾート 界加賀フロントのオブジェ「光降る」
glay-s1top.jpg
訪れる人を魅了する、水引をあしらった玄関ドア
 

◆133色の水引「四季の糸」
色彩豊かな表現で魅了

 
glay-s1top.jpg
2015年に完成した自遊花人オリジナル水引「四季の糸」133色
glay-s1top.jpg
好みの一色を手に取りたい、ペンダント「つぶら」
様々な水引作品を国内外に発信する自遊花人の世界を一層広げたのが、2015年、オリジナル水引「四季の糸」の誕生です。カラーバリエーションは、なんと全133色! これにより、従来の水引ではあまり見られなかった繊細なグラデーションを表現することが可能となりました。
 
自遊花人のギャラリーでは、実際に「四季の糸」を用いた様々な作品を展示。桜や新緑に紅葉、雪景色――日本の四季折々の風景を切り取ったような美しい色彩が、訪れる多くの人を魅了しています。季節や展示会ごとのディスプレイが目を楽しませてくれ、足を運べば、心惹かれる色彩や、ライフスタイルにぴったりな水引作品に出合えるはず。自遊花人では、県内はもちろん、他県への出張ワークショップも開催しているので、自分だけの水引作品を手がけてみるのもいいでしょう。
 
装飾品から生活雑貨、空間まで――従来の水引のイメージの枠を取り払い、水引が持つ可能性を広げる自遊花人。ぜひ一度、作品を実際に目で確かめ、手に取り、その魅力に触れてみてください。現代に息づく和の心を感じれば、日常の風景が違って見えてくるかもしれませんよ。
 
glay-s1top.jpg
自遊花人のギャラリー。季節などに合わせてディスプレイも入れ替わるので、何度訪れても新しい発見がありそう
 
 
自遊花人
ギャラリー
〒921-8032 石川県金沢市清川町7-9
TEL 076-244-6441
営業 11:00~17:00
定休日 日曜祝日・年末年始
ホームページ
http://www.jiyukajin.net/
 
 
 
 

ライフスタイルランキング

関連記事

最新ライフスタイル記事

カテゴリ

最新記事

話題の記事