B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

揺るがぬ挑戦心が及川流 厳選した素材で左官工事
及川左官 代表 及川英雄

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 大阪府柏原市に拠点を置く及川左官さん。及川代表は左官工事のため近畿地方を中心に福岡県や岩手県まで足を延ばすこともあるそうですね。さっそく、詳しい事業内容を教えてください。
 
及川 当事業所では一般左官工事を中心に、モルタル造形、珪藻土造形の左官工事を手がけています。最近では新素材の珪藻土「深呼吸」も評判を呼んでおりまして。この壁材は100%自然素材でつくられており、抗菌・調湿・消臭などの優れた効果を発揮するんです。今は新型コロナウイルスの影響で、塗り壁材として有毒物質を吸着・分解して室内の空気を循環させてくれる漆喰や、調湿効果が高い珪藻土の良さが見直されているところなんですよ。
 
八木 まさにウイルス対策には見逃せない壁材ですね! ところで及川代表の歩みについても気になります。
 
及川 私は大阪府柏原市の出身です。実家が左官業を営んでいたので、高校卒業後はすぐ父の下で修業を始めました。ただ、以前はこの仕事があまり好きではなかったんですよ。というのも、左官にはトライアンドエラーがつきもの。私は失敗するたびに「自分は向いていない」と感じ、このまま続けていいのかと考え込む日々が続きました。
 
八木 何かその悩みを振り切るきっかけがあったのでしょうか?
 
及川 仲間から、わざと崩したり風化しているように見せたりする、エイジング塗装がなされたモルタル造形のパンフレットをもらったのがきっかけです。私はそのアンティーク調なモルタル造形のおもしろさに魅了されまして。それでさっそくモルタル塗装とエイジング塗装を手がけている株式会社ハートペイント様が開催している講習会に参加してエイジング塗装の技術を取得しました。今では、専門の職人に頼らず自分でエイジング塗装の施工をしています。
 
glay-s1top.jpg
八木 今は、あえてビンテージ風に見せた家を建てる方も増えていると聞きます。及川代表も左官の可能性を広げていらっしゃるわけですね。
 
及川 ええ。福岡や岩手の案件も、新たに開設した当事業所のインスタグラムを見たと声をかけていただいたのがきっかけです。また、最近では福岡の和太鼓集団「野和太鼓」と左官のコラボレーションにもチャレンジしまして。これは、和太鼓の音に合わせて左官職人達が漆喰や珪藻土を塗り仕上げていくパフォーマンスなんです。こういった活動も通して、少しでも左官の魅力やかっこよさを伝えていけたら嬉しいですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事