B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

外装も内装もおまかせ! 抗菌窓フィルムにも需要
真義興業 代表 原義和

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 鶴久政治(ミュージシャン)
鶴久 静岡県三島市を拠点に、足場組立や外壁塗装を手がける真義興業さん。B-plusには2回目のご登場です。今年2021年には設立10周年を迎えられ、新たな事業にも取り組まれているそうですね。
 
原 はい。外構工事も始めましたし、内装リフォームやガラスフィルム施工といった部分にも携わるようになりました。今、特に売り出しているのは、抗菌フィルムです。抗菌フィルムは、窓の内側に施工します。室内の風の循環によって、菌やウイルスがフィルムに触れることで、増殖を抑制する効果が期待できるんですよ。
 
鶴久 ガラスフィルムというと、防犯や防災、断熱に役立つというのは聞いたことがあります。でも、抗菌もできるとは初耳です。このコロナ渦でとても重宝されそうですね。貼るだけでさまざまな効果をもたらすとはいえ、まだあまり世間に認知されていないのではないですか?
 
 そうなんです。お客様とお話ししていても、その利便性があまり知られていないと感じることが多いですね。でも、体験キットをつくってお試ししていただくと、「いいな」と言っていただけることも多いので、周知活動に力を入れつつ、確実な施工を心がけ、もっとガラスフィルムを世の中に広めていきたいと思っています。
 
鶴久 中でも、抗菌フィルムは今後さらにニーズが高まって、注目されていくのではないかと思いますよ。前回の取材からたった1年で、だいぶビジネスが拡大したので、従業員の数も増えたでしょう。普段、従業員と接するうえで心がけていることはありますか?
 
 話しやすく、相談しやすい、風通しの良い環境づくりです。ストレスを抱えたままにしておくと、離職につながることもありますからね。入社したばかりの若い子とも普通にしゃべりますし、この間は恋愛の相談にも乗りましたよ(笑)。
 
glay-s1top.jpg
鶴久 仕事のことだけでなく、プライベートのことまで相談できるというのは、かなり深い信頼がないとできませんよ。原代表もまだ28歳とお若いし、若手従業員からは兄貴のような感覚で慕われているのかもしれませんね。
 
 そう思ってくれていたら嬉しいですね。どんな些細なことでも遠慮せず相談してほしいと思っています。これからも「スピード・完成度・低コスト」をモットーに、従業員一同、力を合わせて、より良いサービスを提供し、ここ静岡の地で土台を固めていきたいと思います!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
いろんなビジネスを発見し、従業員や独立していった子たちにその仕事を託していくことが今の一番の楽しみとなっています。
(原義和)
 

:: 事業所情報 ::

真義興業

〒411-0804 静岡県三島市多呂185-1-106

ホームページ
https://shingikogyou.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事