B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

介護用品や住宅改修で 日々の介護をスムーズに
株式会社虎彰/介護ショップふれんず 代表取締役 坂口彰

 
プロフィール 東京都出身。高校卒業後、栃木県のメーカーに就職し、その後プロのバイクレーサーとなる。世界での活躍を目指すも、レース中事故に遭い大怪我を負ったこともありレースの世界から退いた。その後、縁あって老人ホームに勤めた経験を活かし、幅広い介護福祉事業を展開。介護福祉用具の貸与・販売や居宅介護支援、住宅の介護リフォーム、医療機器販売、所沢市紙おむつ給付事業などのサービスを手がけている。【ホームページ
 
 
 
車椅子や介護用ベッドなどを上手に使い、性能を活かせるようにサポートする、所沢市の介護ショップふれんず。一人ひとりの動きの癖を把握したうえで、最適な介護用品をピックアップし、取り扱い方をわかりやすく説明してくれる。同店を運営する株式会社虎彰(とらしょう)の代表取締役であり、元バイクレーサーでもある坂口彰氏は、自身が体の不自由さを抱えている当事者だからこそ可能な、きめ細かいサービスを提供している。
 
 
 

所沢に根差した、利用者目線の介護ショップ

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 鎮西寿々歌(タレント)
鎮西 株式会社虎彰さんが運営されている所沢市の「介護ショップふれんず」にお邪魔しています。坂口社長をはじめ、みなさん笑顔で迎えてくれました。とても明るく元気なお店ですね!
 
坂口 ありがとうございます。「明るく」というのがモットーなんです。いつも笑顔を心がけながら、介護福祉用品のレンタルや販売、ケアプラン作成を手がける居宅介護支援事業、住宅介護リフォーム事業などを行っています。
 
鎮西 介護サービスの専門店なのですね。女性のスタッフの方々が多いというのも、印象的です。
 
坂口 女性の持つ優しさや穏やかさを感じられたほうが安心していただけるのではないかと考え、女性スタッフを中心に活躍してもらっています。利用者の皆様にも喜んでいただいています。
 
鎮西 なるほど。利用者さんの目線に沿ったサービスを心がけているのだと伝わってきましたよ。坂口社長は、ずっとこの業界で働いてこられたのでしょうか?
 
坂口 そうでもありません。弊社自体は今年2021年で25周年を迎えるものの、それ以前は、まったく違う世界にいました。19〜28歳まで約10年間は、バイクレーサーとして活動していたんです。公営ギャンブルのオートレーサーとよく間違われましたね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事