B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

相続の悩みに寄り添う 相談しやすい税理士
会計事務所Lirio 代表 野口裕太

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 水野裕子(タレント)
水野 会計事務所Lirio(リリオ)さんは、相続税に関する業務に特化されているそうですね。会計士さんで相続税をメインに扱っておられるのは珍しい気がします。
 
野口 そうかもしれませんね。私自身は、会計士だとか税理士だとかはあまり意識していません。もともと関与することの多かった中小オーナー企業の事業承継問題において相続税は避けて通れませんでしたし、私自身も相続問題で苦労したことから、今では相続・事業承継を専門とさせていただいております。
 
水野 私も、今まさに相続の手続きについて家族と話し合っている最中なんです。ただ、みんな相続に関して知識がないもので、なかなか進まなくて。
 
野口 いざ相続となった際に、事前に準備していないと残された人たちは困ってしまいますよね。もしもの時に備えることに早過ぎることはありませんし、節税対策などは準備期間が長いほど効果も大きくなります。とはいえ、皆さん相談しようにも、会計士・税理士に取っ付きにくいイメージをお持ちでしょう。税理士をもっと身近に感じていただけるよう、当事務所では気軽に相談しやすい環境を目指しています。
 
水野 Webサイトも、情報が簡潔にまとまっていてわかりやすいですよね。いわゆる「士業」の堅いイメージではなく、親しみやすい印象です。
 
glay-s1top.jpg
野口 本当に困っている人たちに届くよう、できるだけシンプルに、安心感を伝えられることを意識しました。相続に慣れている方などいませんので、些細な悩みや不安でも気軽にご相談いただきたいですね。
 
水野 話をうかがっていると、単なる業務でなく、相談者のお気持ちや、故人の方を偲ぶ気持ちも大切なお仕事ですよね。
 
野口 そうですね。お客様のために自分が何をできるのか、常に意識しています。お客様からすれば私たちは税金のプロであると共に相続のプロですから、相続税の処理だけではなく、お客様が相続に際して本質的に困っている部分を根本から解決して差し上げたいんです。そのため、お客様の想いやご家族の将来設計といった部分まで読み取ることも大切にしています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事