B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

人の縁と遊び心を大切に 真のプロが挑む配管工事
株式会社南川工業所 代表取締役 南川洋一

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 濱中治(野球解説者)
濱中 大阪市西成区に本社を構え、ガス・空調・プラントなどの配管工事を手がける株式会社南川工業所さん。まずは南川社長の歩みを教えてください。
 
南川 弊社は1977年に父が創業しました。私は22歳で一般の会社員から弊社に転職し、後に2代目を継いだんです。その際、職人の高齢化への対応や、自社で配管製造ができる工場の必要性をひしひしと感じました。そこで私は工場の新設を決断し、さらに若い職人には学校に通わせ、配管・溶接などさまざまな資格を取らせました。そのように“真のプロ”を育成することに全力を注いできたんです。
 
濱中 熱意をもって人材育成に取り組んでこられたんですね。その後はどうなさったんでしょう?
 
南川 私は思い切って若手に仕事を任せ、万が一失敗しても叱らず、全力でフォローしてきました。彼らが一人前に成長する姿を見ることが、私にとって何よりの楽しみだったんです。また、ある時、大手ガス会社さんから大きな案件を打診されました。もともと弊社はガス工事の経験がなかったものの、技術には自信がありましたので迷うことなくチャレンジしました。さらにはプラント工事の入札にもお誘いを受け、見事に受注することができたんです。こうして着実に実績を上げるとともに、お得意様もどんどん増えていきました。
 
濱中 それは素晴らしい! お取引先も、御社の真面目に取り組む姿勢を知っていたからこそ信頼につながったのではないかと思います。
 
glay-s1top.jpg
南川 ありがたいことに2000年頃に一緒に仕事をした現場監督さんから、20年ぶりにお電話で仕事の依頼をいただいたことがあります。実はその監督さんは東証一部上場の建設会社の社員になっていたんですよ。そして、わざわざ弊社まで足を運び、工事を依頼してくださいました。
 
濱中 南川社長が育てた職人さんを信じ、技術を高めてきたことが良い結果につながったんでしょうね。お聞きしたところでは、御社は移転されたばかりとか。
 
南川 昨年2019年に、創業地である住之江区から移ってきたんです。仕事には遊び心も大事だと考えているので、移転に合わせて事務所をインパクトのある水色にしてみました(笑)。私たちは仕事を楽しみながら、時代の流れや変化に合わせ、いつまでも成長し続けたいと思います!
 
濱中 南川社長のお話をうかがって感じたのは、その真摯なお人柄の素晴らしさです。これからも職人さんを育てながら大きく躍進してくださいね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
職人が成長していくことはやはり楽しみですね。それから、例えば「会社のTシャツをつくろうか」と社内で話し合うなど、遊び心を持って取り組むことだと思います。
(南川洋一)
 

:: 企業情報 ::

株式会社南川工業所

〒557-0063 大阪府大阪市西成区南津守7-4-41

ホームページ
http://minamigawa-k.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事