B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

つくりたいものを自由に 手ぶらで通える洋裁教室
けやき家/株式会社コシノテック 代表 小篠雄登

 
プロフィール 千葉県出身。大学卒業後、都内の大手ディーラーや外資系保険会社の営業経験を経て、父親が経営する(株)コシノテックに入社。現在は3代目として携帯電話の組み立てを中心に工場を稼働。地域の共働き家庭の助けになればと、2018年4月より、あいわ保育園の運営も開始した。2019年からはソーイングスクールけやき家、さらにサッカースクールも手がけている。「とにかくやってみよう」の精神で日々邁進中。【ホームページ
 
 
 
株式会社コシノテックの代表取締役を務め、ソーイングスクールけやき家の運営にも力を入れている小篠雄登氏。「とにかくやってみよう」をモットーにチャレンジし続け、人とのつながりを大切にする小篠代表の姿が「やる気と自信をくれた」と、塚越千代子店長からも深く信頼されている。自分だけの作品をつくり上げる達成感を多くの人に味わってほしいと目を輝かせる小篠代表の思いに触れた。
 
 
 

自由に創作できるソーイングスクール

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部みほ(タレント)
矢部 今日は株式会社コシノテックさんが運営しているソーイングスクールけやき家さんの教室で、小篠代表とけやき家の塚越店長にお話をうかがいます。とっても明るくて楽しそうな雰囲気の教室ですね。
 
小篠 ありがとうございます。そう感じていただけてすごく嬉しいです。
 
矢部 けやき家さんはもともと、オーダーメイドで服などをつくっていただけるほか、生地のネット通販なども展開されているんですよね。教室では、洋服づくりを教えていただけるのでしょうか?
 
塚越 洋服だけでなく、バッグなどもつくることができます。スクールと言っても、決まったカリキュラムはありません。予約不要で、会員の方がつくりたいときにつくりたい物をつくる、自由なソーイングスクールです。私が今着ているニットも1時間ほどで完成します。ワンピースなら3時間ほどでしょうか。デザインや生地、糸も自分で選び、完全オリジナルの、世界に一つだけの作品ができますよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事