B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

好きな仕事を生きがいに スポーツトレーナー育成
学校法人近畿医療学園 近畿医療専門学校 理事長 小林英健

 
プロフィール 奈良県出身。大学卒業後、銀行に就職するも1年で退職。整骨院で働きながら専門学校に通い、柔道整復師の国家資格を取得する。1985年に整骨院を開業し、「南條式変形徒手矯正療法」と独自の技術を融合させた「小林式背骨矯正法」をさらに発展させた「スポーツ活法」確立した。その後、スポーツトレーナーとして多くのアスリートのサポートを行う。2008年、学校法人近畿医療学園近畿医療専門学校を開校。後進の育成に注力し、業界全体の活性化を目指している。【ホームページ
 
 
 
大阪市の学校法人近畿医療学園近畿医療専門学校。理事長を務める小林英健氏は「好きな仕事をしていれば幸せでいられる」という言葉を胸に、柔道整復師の仕事にたどり着いた。スポーツトレーナーとしても数々の実績を誇る小林理事長は、業界への恩返しのためにと専門学校を立ち上げ、後進の育成に注力している。生徒たちの夢をサポートする同校の手厚い体制、そして小林理事長の仕事観についてじっくりとうかがった。
 
 
 

好きなことを仕事にするため柔道整復師に

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 大阪市の学校法人近畿医療学園近畿医療専門学校さんにお邪魔しています。こちらでは柔道整復師、鍼灸師やスポーツトレーナーの育成を行っているそうですね。まずは、小林理事長のこれまでの歩みからお聞きかせください。
 
小林 この業界に入る前は銀行員として勤務していました。しかし、入社して間もなく「自分が本当にやりたい仕事ではない」と気付きましてね。大学の授業で幸福論を学んだ際、「人は好きなことを仕事にしたらずっと幸せでいられる」という考えに共感し、自身の生きがいになる仕事を探していたんです。そんな時、たまたま営業にうかがった整骨院の先生に勧められて、柔道整復師を志すようになりました。そして、その先生のもとで修業しながら、専門学校に通ったんです。
 
八木 ほう、銀行員から心機一転して柔道整復師を目指されたわけですか。それはまた思い切りましたね。その後はどうなさったんでしょう?
 
小林 専門学校を卒業した年に整骨院を開業しました。まだまだ駆け出しではあったものの、とにかく丁寧な対応を心がけていると、来院してくださる患者さんも増えていきました。その後、戦国時代から続く古武術をもとにした「南條式変形徒手矯正療法」を習得したんです。そして、それをベースに私の技術をミックスした、独自の「小林式背骨矯正法」を編み出しました。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事