B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ミスのない誠実な施工で 信頼される基礎工事会社
株式会社大翔建設 代表取締役 立木大輔

 
プロフィール 長野県出身。祖父の代より建設業を営む家に生まれる。代表を務めていた父をはじめ、叔父や兄たちの仕事を間近で見ながら育った。その後、16歳で家業に就く。基礎工事の技術を磨いた。2011年、30歳の時に個人事業主として独立する。2013年に法人化し、(株)大翔建設を設立した。ミスのない丁寧な施工を続け、年間100件ものさまざまな工事を手がけている。【ホームページ
 
 
 
長野県茅野市を拠点に住宅の基礎工事や外構・エクステリア工事を手がけ、地元の諏訪地域で年間100件もの受注実績を誇る株式会社大翔建設(だいとけんせつ)。代表取締役の立木大輔氏は、資格取得の費用を会社負担にするなど、スタッフが働きやすい環境づくりに力を注いでいる。建物をつくるために重要な基礎工事において、ミスのない施工で信頼を得てきた立木社長。人手不足が深刻な業界で仲間を増やしたいと、仕事のやりがいや会社の魅力を語ってくれた。
 
 
 

安心して働ける環境を実現するため法人化

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部みほ(タレント)
矢部 長野県茅野市で、住宅の基礎工事を中心に土木工事や外構工事を手がける株式会社大翔建設さん。さっそく、立木社長の歩みを教えてください。
 
立木 私はこの茅野市に生まれ育ちました。もともと実家が建設会社を経営していたんです。私も子どもの頃から当時の代表だった父だけでなく、一緒に働いていた叔父や兄たちの仕事を間近で見てきました。そして、16歳でその会社に就職したんです。その後、20代半ばになって独立心が芽生え、「30歳までに起業する」と決意し、意欲的に腕を磨いてきました。それから、ちょうど30歳だった2011年に個人事業主として独立したんです。おかげさまで、なんとか目標を達成することができました。
 
矢部 個人事業主ということは、施工も営業もお一人で頑張ってこられたわけですか?
 
立木 そうですね。自らハウスメーカーさんへ足を運び、「とにかく1軒だけでも工事をさせてください」とお願いして回りました。そうして、少しずつ実績を積み上げるうちに、ありがたいことにお取引先も増えていったんです。
 
矢部 立木社長の努力が実を結んだんですね! それでは、株式会社大翔建設さんを立ち上げたきっかけはなんだったんでしょう?
 
立木 スタッフも売り上げも順調に増えたことで、スタッフが安心して働ける環境を整えたいと2013年に法人化し、弊社を設立したんです。独立した当初は、とにかくお金を稼ごうと必死でした。でもいつしか、スタッフやその家族の生活を最優先で考えるよう意識が変わっていったんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事