B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

既存の慣習にとらわれず
心に寄り添う終活支援

 

多彩な講演活動で終活の情報を発信

 
glay-s1top.jpg
タージン それでは、和讃の会さんが具体的にどのような活動を行っているのか教えてください。
 
小泉 遺言や相続について、お墓を建てたり墓終いしたりする時のご相談、エンディングノートの書き方といったサポートを行っています。また、介護老人保健施設への入居や病院での入院・手術の際に必要な連帯保証人や身柄引受人等、身元保証人サポートもございますよ。さらに当法人は、葬儀・家族葬も行っているんです。
 
タージン ほう、NPO法人がご葬儀も行っているとは、とても珍しいのではないですか?
 
小泉 確かにそう思われる方も多いかもしれません。でも、葬儀も重要な終活のひとつですからね。私は葬儀会社が執り行う葬儀がすべてだとは思いません。人生の最期をより良く迎える、それを実現する方法はたくさんあるのだと知るためにも、ぜひ私たちのような専門家に事前に相談していただきたいですね。
 
タージン 最近は終活について考える方が増えてきたと思います。でも、身辺の整理をすべて一人で行うのは大変でしょうし、終活をサポートしてくれる和讃の会さんの存在はとても心強いですよ。
 
小泉 ありがとうございます。ほかにも、終活出前講座というセミナーを開催しています。兵庫県内または、大阪府内でしたら、交通費実費のみで無料で行っておりますよ。講演内容は、「エンディングノートの書き方」、「身元保証・後見契約の問題点」、「葬儀業界の裏話」、「変わりゆくお墓・永代供養」、「遺品整理は生前整理」などです。
 
タージン 実にバラエティに富んだ内容ですね! 特に聴衆の興味が集まるテーマは何ですか?
 
glay-s1top.jpg
小泉 今は、身元保証の話は反響が多いですね。「近くに家族がいない」、または「まったく身寄りがいない場合はどうすれば?」という相談が、年々増えています。
 
タージン 確かに最近は、家族や親族と離れて独居なさる高齢者の方も多いと聞きます。ご自身の健康や生活に直結する問題ですから関心も高いでしょう。ちなみに個人的には、エンディングノートの書き方にも興味がありますね。私もエンディングノートを書こうと思っても、何から書いて良いのやらさっぱりでして。
 
小泉 それはご自身の“死”を未来のことと考えているからだと思いますよ。エンディングノートを描く際は、バックキャストで考えましょう。自分が今、この瞬間に死んでしまったとして、その時点から“現在”を考えれば、何を書き留めておくべきかが自ずと見えてくるはずですよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事