B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

誰にでも役立つ研修で 幸せに生きる力を育む
仮面ソムリエール 代表 清川洋美

 
プロフィール 神奈川県出身。1975年に(株)伊勢丹に入社して店頭販売一筋。2009年からは労働組合執行委員として自ら手を挙げ、労使教育としてのセミナーを各階層に年間約600名、延べ5400名に実施した。2013年には新宿伊勢丹ソリューション営業部の立ち上げと共に、「モノ」ではなく「コト」の提案をする未来型百貨店ショップ「時の場」にも参画。2016年の定年退職後は41年間にわたる経験を駆使して、外部講師として継続して実施している。【ホームページ
 
 
 
人材育成に関連するセミナーを開催する“コミュニケーションの専門家”仮面ソムリエールの清川洋美代表。会社員だけでなく主婦を対象に、子どもが自己肯定感を高く持ち、失敗を恐れずチャレンジできる、人間力のある子どもたちの育成支援もしている。清川代表は、「成功や失敗から学ぶことで未来の可能性を自分で広げ、周囲との協調性を身に付けながら自己基盤力である“あり方”を自分の言葉で語れるようになってほしい」と語る。
 
 
 

誰にでも役立つセミナーを開催

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 吉井怜(女優)
吉井 仮面ソムリエールさんでは、どんな事業をしているのかを教えてください。
 
清川 セミナー・研修事業です。人のモチベーションであるやる気とエネルギーとも言える元気を引き出す「コーチング」と最上位概念の「現代哲学」、脳科学の「ニューロマーケティング行動原理」の見地を掛け合わせた独自メソッドで、自ら考え行動する人材育成、関係性の質を向上することで結果を出す組織づくりを支援しています。
 
吉井 社名に「仮面」と入っているのは、コミュニケーションと何か関係があるのでしょうか。
 
清川 “仮面”とは、その人自身が持つ、物事の捉え方、解釈の仕方、意味付けなど思考のクセのことです。仮面をつけているのが悪いことでなく、“自分らしさ”を自覚し思考トレーニングによりコミュニケーション能力を身に付けていきます。
 
吉井 その仮面って、人なら誰しも無意識に被ってしまうものですよね。ということは、清川代表のセミナーは会社員に限らず、誰が受けても効果がありそう!
 
清川 はい、そうです。個人向けには「仮面外し体験会」で価値観ババ抜きのカードゲームをしながら“大切にしていること”を言語化していきます。また対人関係の悩みや、子育ての不安や悩みなど個別でお聞きしています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事