B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

25年の技術と信頼で お墓を徹底クリーニング
合同会社石材メンテナンスPLUS ONE/BUHI&HARRY デザイナー 石川裕葉

 
プロフィール 東京都出身。父が営む(同)石材メンテナンスPLUS ONEにデザイナーとして入社。お墓をきれいに維持するためのメンテナンスを手がける傍ら、小動物やペットのためのオリジナルグッズを制作販売する「BUHI&HARRY」を立ち上げた。顧客と信頼関係を築くことを心がけ仕事に邁進している。【ホームページ
 
 
 
東京都板橋区の合同会社石材メンテナンスPLUS ONE(プラスワン)は、先祖代々受け継いだ大切なお墓のクリーニングをしてくれる会社だ。お墓に使われるさまざまな石を取り寄せ、効果的な掃除の仕方を徹底的に研究。25年にわたり積み上げた技術と適正な価格で、たくさんの笑顔を生み出している。近年はペットグッズの制作販売もスタート。同社の代表と、そのご息女でデザイナーでもある石川裕葉氏のお二人に事業の詳細をうかがった。
 
 
 

お墓をきれいにクリーニング

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部みほ(タレント)
矢部 東京都板橋区に本社を構え、墓石のクリーニングや彫刻を手がける石材メンテナンスPLUS ONEさんにお邪魔しています。お話をうかがうのは代表と、娘さんでデザイナーでもある石川裕葉さん。さっそく、会社の歴史を教えていただけますか。
 
石川 弊社は、私の曾祖父が1926年に設立した会社です。当時は銅金店だったんですよ。3代目となる父から現在の事業に特化し、今年で25年になります。石材の会社というと新しいお墓を販売していると思われるかもしれません。しかし、当店は社名のとおり、すでにあるお墓をきれいに維持するためのメンテナンスを手がけています。
 
矢部 汚れたお墓を見ると、自分の身内でなくても悲しくなってしまいます。核家族化が進み、お墓のあり方が大きく変わる時代に、ますます必要とされるお仕事ですね。
 
石川 おっしゃるとおりですね。しかし、残念ながら中には「お墓を販売したら終わり」と考えている業者もいます。売った後の維持やサポートをしている店のほうが少ないのが現状で、購入後に頼んでも拒否されるケースもあると聞きます。弊社は、どのような状態のお墓でも気持ち良くクリーニングやメンテナンスを担当していまして。また、私が手伝うようになってからは「BUHI&HARRY(ブヒアンドハリー)」というブランドで、小動物やペットのためのオリジナルグッズやオーダーグッズも制作販売しているんです。アイデア商品を開発して意匠登録をしている物もございます。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事