B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

人とのつながりを大切に 運送業を軸に事業を拡大
英進株式会社 代表取締役 澤舘英明

 
プロフィール 愛知県出身。19歳から大手運送会社に入り11年間勤務。ステップアップするうちに独立を考えるようになり、2016年に個人事業主として起業する。周囲の人々の支えを得て、2018年に法人化。英進(株)を設立した。現在は軽貨物運送事業を展開。将来的に物流業務全般を担える体制を構築すべく、さまざまな構想を練っている。【ホームページ
 
 
 
軽貨物運送業を手がける英進株式会社の澤舘英明代表取締役は、顧客だけでなく、社内の従業員同士のコミュニケーションも重視している。「人とのつながりを大切にしながら信頼関係を構築すれば、楽しんで仕事ができる」と語る澤舘社長。将来的には物流業務全般を担う会社へと成長すべく事業に邁進する、その思いに迫った。
 
 
 

父の影響で運送業界に

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 杉田かおる(女優)
杉田 愛知県で運送業を営んでいる英進株式会社さん。まず、澤舘社長の歩みをお聞かせください。
 
澤舘 私は19歳のときに大手運送業者に就職し、そこで11年間勤務しました。その会社で経験を積むうちに独立したいという気持ちが芽生えてきたんです。それで、2017年に個人事業主として創業し、2018年に法人化しました。今こうして順調に事業を展開できているのは、周りの方々の支えがあったからだと思っています。たくさんの人との出会いに感謝ですね。
 
杉田 どうして運送のお仕事を選ばれたのでしょうか?
 
澤舘 幼少期から運送業界で働く父を見ていたからかもしれません。運送の仕事に特別な憧れがあったわけではないんです。ただなんとなく、やってみようという気持ちが頭の中にありましてね。実際に運送業界で働いてみると、人と接する仕事は楽しいと感じました。
 
杉田 知らず知らずのうちにお父様の影響を受けていたのかもしれませんね。
               
澤舘 そうですね。社名は、私の名前から“英”、 55歳で他界した父の名前から“進”をとっているんですよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事