B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

本物の職人が手がける 高品質・低価格の塗装
ニチイ建装工業有限会社 代表取締役 鈴木裕史

 
プロフィール 茨城県出身。学生時代はバスケットボールに打ち込む。学業修了後は、市場で野菜や青果の仲卸業を始めた。1988年に塗装業界へ入る。その後、3社で経験を積み多くの技術を学んだ。ニチイ建装工業(有)の創業社長に声をかけられ、同社に入社。2019年2月、2代目代表に就任した。学校などの公共工事を中心に、パチンコ店や工場、住宅全般の塗装を熟練職人が提案。徹底した質の良い丁寧な施工を提供している。【ホームページ
 
 
 
茨城県稲敷市に本社を構え塗装・防水工事を手がけるニチイ建装工業有限会社。2019年に創業37年目を迎えた同社を率いるのは、創業者の先代から経営を引き継いだ2代目代表取締役の鈴木裕史氏だ。塗装職人になって32年、まさに円熟したベテランの鈴木社長は堅実な塗装で顧客の信頼を積み上げ、若い職人にも丁寧に技術を伝承。「人のために生きる」をモットーに、同社をさらなる高みへ引き上げるため挑戦し続けている。
 
 
 

3社で経験を積み塗装の技術を身に付けた

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 千葉真子(陸上指導者)
千葉 茨城県稲敷市を拠点に関東一円で塗装工事・防水工事を手がけるニチイ建装工業さんにお邪魔しています。さっそく、鈴木社長の歩みを教えていただけますか。
 
鈴木 もともと私は、市場で野菜や青果の仲卸業をしていました。塗装の仕事を始めたのは1988年です。友人の仕事を手伝うことになったんですよ。
 
千葉 今年2019年で32年目とは実績十分の大ベテランですね。鈴木社長は、最初からニチイ建装工業さんにお勤めだったのでしょうか。
 
鈴木 いえ、塗装業界に飛び込んで弊社に落ち着くまで3社で経験を積みました。いろいろな会社に勤めて技術を学ぼうと思ったんです。塗装は会社によって「早い」「うまい」「丁寧」「きれい」などさまざまな特徴があるので、私はそのすべてを身に付けようと考えていました。
 
千葉 3つの職場で、それぞれの長所を学ばれたのですね。陸上では所属先を移るのは難しいし、何度も繰り返すとバッシングを受けることもあるんですよ。塗装業界はオープンでうらやましいですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事