B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

顧客の良き仲間として 納得の住まいを提案
ライズステップ株式会社/クラパルホーム 代表取締役 丸山博史

 
プロフィール 大阪府出身。大学卒業後、不動産業界に就職。仲介業者に入社して3週間で副店長、3ヶ月で新店舗の店長に就任する。そのプレッシャーを糧に、持ち前のプラス思考をさらに磨いた。2019年、ライズステップ(株)を設立し、不動産仲介店のクラパルホームをオープン。顧客目線に立ち、固定経費の削減に積極的に取り組むなど質の高いサービスを実現している。【ホームページ
 
 
 
一般的な不動産会社は、集客を意識して路面店であることが多い。しかしクラパルホームはビルの8階に事務所を構え、あえてその常識の逆を行く。高額な家賃を払うより、削減した経費を顧客に還元し、サービスの質を高めることが大切だという考えからだ。住まいという“暮らし”の根幹に関わることで、一生付き合える“PAL(パル)”――仲間、友人になりたい。その理念を胸に、今日もスタッフ一同、新たな仲間との出会いを待っている。
 
 
 

独自カラーの不動産店が西中島に誕生

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 ライズステップ株式会社さんが運営する、大阪市淀川区西中島の不動産仲介店、クラパルホームさんにお邪魔しています。まだオープンなさったばかりだそうですね。
 
丸山 2019年6月中旬に開店しました。すでに、ご新規の方や前職の不動産会社時代からからのお客様が続々と来てくださっています。
 
狩野 なるほど、丸山社長という“人”に付いているお客さんも多いんだ! 屋号の「クラパル」はどんな意味なんですか?
 
丸山 クラは「暮らし」、パルは英語の「PAL」、つまり仲間という意味です。私もお客様も従業員も、みんなが楽しめる仲間のような関係にしたいと考えて名付けました。
 
狩野 だから会社のロゴに、手と手をつないでいるマークが入っているんですね。ビルの8階でも、このロゴマークのおかげで迷いませんでした。ブランドカラーが黄色と、タイガースカラーなんですね(笑)。
 
丸山 はい、狩野さんのご活躍もよく存じていますよ(笑)。ブランドカラーは、他社にない色をと思って黄色を選びました。
 
狩野 確かに、不動産店には赤や青、緑のイメージが強いです。文字通り独自のカラーを持つクラパルホームさんがどんな不動産店なのか、じっくりうかがいましょう!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事