B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

IT技術とチームの力で 地域コミュニティを育成
合同会社ネクストブルー CEO 青木崇

 
プロフィール 長崎県出身。ポイントシステムを扱う会社に就職し、マーケティングを担当。その後、ITとマーケティングの分野で2度の転職を経験する。ソーシャルゲームやアプリの開発などを行う会社を立ち上げるも、志半ばでバイアウト。2012年には(同)ネクストブルーを新たに設立した。Webマーケティング支援事業やスマートフォンを活用するビジネスのコンサルティング事業を手がけ、地域コミュニティ育成事業にも力を注ぐ。【ホームページ
 
 
 
ビジネスの行方を左右するほど重要なのに、わからないことが多いIT。そのITを活用するためのコーディネートを手がけるのが、合同会社ネクストブルーだ。CEOの青木崇氏はITとマーケティングの専門家でありながら、アナログ的な顔と顔を合わせたコミュニケーションも大切にしている。常に最強のチームで案件に取り組む青木CEOは、ITを活かした地域活性化に取り組みたいと柔らかな笑顔で語ってくれた。
 
 
 

大学時代からITとマーケティング一筋

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 大路恵美(女優)
大路 ITコーディネーターとして、多彩な分野でご活躍中のネクストブルーさん。さっそく、青木CEOのプロフィールを教えていただけますか。
 
青木 私は、大学時代のアルバイトからインターンを経て、ポイントシステムを扱う株式会社ネットマイルに就職し、マーケティングを担当しました。2年後には、以前から興味があったセールスプロモーションの会社に転職し、さらに1年後に、当時の株式会社ライブドアへ転職したんです。独立願望が芽生えたのは、その頃からでしょうか。在職中、仲間と共にゲームやアプリの開発などを行う株式会社コニットという会社を立ち上げました。やがて、2008年にIT業界のイベントでiPhoneと出合い衝撃を受け、ライブドアを退社しコニットの業務に専念するようになったんです。
 
大路 まさに、ITとマーケティング一筋という歩みですね。その後のご経歴も、ぜひお聞かせください。
 
青木 スタッフ30名ほどに成長したコニットが株式会社ミクシィに買収され、2012年に弊社を起業しました。現在は「Webマーケティング支援事業」「スマホビジネスコンサルティング事業」「地域コミュニティ育成事業」を3本の柱に展開しているんですよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事