B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

多彩な情報で安心評価 空き家物件の有効活用
ARCE 代表 長見穏聴

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部みほ(タレント)
矢部 ARCE(アルチェ)さんは、住まい専門のライフ・プランナーとしての活動や、不動産コンサルティングを事業とされているそうですね。具体的な内容を教えてください。
 
長見 「日本に空き家を増やさない」をスローガンに空き家物件の有効活用に注力したいと考えております。不動産相続相談をはじめ、「ホーム・インスペクション」と呼ばれる新築時や中古住宅購入時の中立的な物件評価、マンションの一次現況調査や大規模修繕マネジメント、不動産有効活用計画も作成しています。最近は空き物件を利用した貸しスペースの運営も始めました。
 
矢部 幅広い業務を手がけておられるのですね。購入前に物件を公正に査定していただければ、買主さんも安心してお任せできそうです。掘り出し物の物件も見つかるかも! 長見穏聴(ながみ やすとし)代表が、この世界に入られたきっかけは?
 
長見 大学で建築学科を専攻したことが始まりですね。卒業後は建築業界へ進み、建設会社に入社したんです。現場管理、構造設計、企画設計とステップを踏み、10年目には新規事業のプロパティマネジメント部門に抜擢されました。その後一旦、サービス業で独立開業したものの、2011年の東日本大震災の後に再び建設業界へ。リフォーム、公共建築物等再生設計、マンションの大規模修繕を扱う会社の営業職等を経て、現在に至ります。
 
矢部 なるほど。独立までに豊富な経験を積まれたからこそ、幅広い対応が可能なのでしょうね。
 
長見 ありがとうございます。私は一級建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャル・プランニンング技能士、米国認定不動産経営管理士といった資格を取得しています。それらの資格によって得られる多方面からの情報をお客様にご提供できることも強みだと考えております。
 
glay-s1top.jpg
矢部 次々に新築されるマンションに加え、空き家問題は現代社会の課題ですからね。多くの方にとって、長見代表は大変心強い存在になるでしょう。業務にあたって大切になさっていることは何ですか?
 
長見 会社員時代は期限を厳守することでした。現在は、新たに出会う人たちとのコミュニケーションを大切にしています。円滑に仕事を進めるためには、いちばん大切だと考えているんです。
 
矢部 素晴らしいお考え! 長見代表の堅実な人柄が伝わってきます。真摯な対応で、これからも空き家でお悩みの方を助けてあげてくださいね。ARCEさんのますますのご活躍を楽しみにしています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
仕事を通して得た新しい出会いを、大切にしていくことです。建築・不動産の世界に足を踏み入れたことで知識を深めることができ、毎日が楽しいです。
(長見隠聴)
 

:: 事業所情報 ::

ARCE

〒207-0022 東京都東大和市桜が丘2-143-11-708

ホームページ
https://arcetokyow.wixsite.com/index

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事