B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

技術と発想力を併せ持つ
工業用パッキンの製造

 

ダムで使用される直径2mのパッキンを製造

 
glay-s1top.jpg
タージン 中西社長が3代目として後を継いでから、今年2019年で約10年。その間、大変なご苦労をなさってきたわけですか。
 
中西 はい。たくさん苦労してきましたね。でも、会社を経営していくうえではとても勉強になりましたし、今思えば良い経験だったと思います。現在、おかげさまで弊社の業績は順調に伸びています。それは、あの困難な時期を乗り越えたからこそでしょうね。
 
タージン 素晴らしい! 何物にも代えがたい貴重な経験が、現在のお仕事の糧となっているんですね。それではあらためて、東洋リコーさんの製品がどういうものなのか、詳しく教えてください。
 
中西 弊社の代表的な製品は、配管やポンプなどの液漏れを防いだり、密閉したりするための工業用シール材です。ほかにも断熱材の製造なども手がけています。シール材は大きく分けて、接合部などの固定用に使われるガスケットと、可動部に使用されるパッキンに分類されます。例えば、ポンプの中には特殊な繊維で編んだグランドボックスというリング状のパッキンを入れるんです。これらのシール材は、あらゆる隙間を埋めるために活躍するものなんですよ。ですから、使われる場所も多岐にわたっているんです。
 
タージン 東洋リコーさんの製品が、実際にどのような場所で使われているかのか、気になりますね。ぜひ事例を教えてください。
 
glay-s1top.jpg
中西 全国の発電所や製鉄所などで使われています。とあるダムのポンプは、弊社が製造した直径2mのパッキンが水漏れを防いでいるんですよ。
 
タージン ほう。ダムで使われるポンプの中に、直径2mもの大きなパッキンが入っているとは知りませんでした! 東洋リコーさんの製品は普段、私たちが見ることのない場所に使われているんですね。それがなくては、機械が動かなくなる大事なものばかりだと思います。まさに日本の産業における縁の下の力持ちと言えますね。
 
中西 タージンさんがおっしゃるとおりですね。先ほども申し上げたように、弊社の製品はとても専門性が高く、素材も寸法も異なるものばかりなんです。そこで機械メーカーや施工業者さんからご依頼をいただき、パッキンやガスケットなどをその用途に応じて、素材や形状に至るまで、すべてオーダーメイドで製造しています。