B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

知る、守る、攻める 資産運用を学ぶスクール
有限会社リファレンスライン/お金の教習所D3-School 代表取締役  安達定幸

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 金融リテラシー教育・投資家育成事業を運営する有限会社リファレンスラインさんにお邪魔しています。今年2019年後半には「お金の教習所D3-School(ディースリースクール)」を本格的にスタートさせるご予定だそうですね。まずは安達社長の歩みからお聞かせください。
 
安達 これまで建築、中古車販売、通信事業などのビジネスを経て、2010年に金融業界に入りました。FXを皮切りに投資を始め、2014年頃からは投資案件のご相談をいただくようになり、次第にスクールのスタイルになってきたんです。
 
タージン 投資は専門的な知識が必要な分野ですから、安達社長のように投資に精通している方を必要としている人は多いでしょうね。レッスンはどのような形式で行う予定なのですか?
 
安達 教室や自宅でも受講いただけるオンラインの形式で、対面授業に近いグループレッスンです。スマホの使い方からお教えする初級から、中級、実践、プロコースまで用意し、世代を問わず幅広いニーズにお応えしますよ。
 
タージン それはありがたい! 学習塾のように、個人のレベルに合わせて教えていただけるんですね。レッスン内容について、お金の教習所D3-Schoolさんならではの特色や強みは?
 
glay-s1top.jpg
安達 資産を増やすだけではなく、お金を守る術が学べる点でしょうか。投資は戦と同じで、勝つためには防御も重要。しかしインターネット上で流れている情報は、どれも詐欺的な案件か、増やす――つまり、攻めることばかりですよね。だから、当校では、皆さんが損をしないよう、基礎的な知識からしっかりと伝えていきます。昨年2018年に設立された金融リテラシー協会の認定校なので、その責任を果たしていきたいですね。生徒さんからお金を預かって投資し手数料を取るようなこともありませんし、純粋にスクール業に尽力していく所存です。
 
タージン 生徒さんも安心して勉強に励めますね。投資をするかしないは別として、生きて行くうえで大事な知識だと感じます。今後、もっと学ぶ方が増えればいいですね。
 
安達 実体経済で稼いだお金を金融経済で増やしていくには「知る、守る、攻める」という三位一体になったバランスが大事。日本人の金融知識をボトムアップすることを信念に邁進します!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
無知には必ず損が訪れます! 関わる人の「無知を知に変える」ことができる仕事はやりがいがあります。その結果、私と「出会ってよかった」と思ってもらえる仕事をしていきたいですね。
(安達定幸)
 

:: 企業情報 ::

有限会社リファレンスライン/お金の教習所D3-School

〒532-0002 大阪府大阪市淀川区東三国4-1-12-2F

ホームページ
https://d-school.club

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事