B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

シンプルかつ自分色に  良質なデザインを目指す
MCD デザイナー 町田貴宏

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 石黒彩 (タレント)
石黒 パンフレットやロゴなどの制作を手がけるMCD(エムシーディー)さん。町田代表はグラフィックデザイナーとしてご活躍だそうですね。私も服飾科で学んでいたことがあります。その経験として、デザインの仕事は無数のイメージから完成にたどり着くまでが大変でしょう?
 
町田 そうですね。最初にクライアントから「こんな感じ」というイメージをいただければ、それに向けて制作していきます。例えば「親しみやすいカジュアルな感じ」とか「高級感を出したい」とか。制作を進めていく中で情報の追加・変更を繰り返していくと、当初イメージしていたデザインの軸からブレてしまうこともあります。
 
石黒 情報が多すぎると、逆に興味がそがれることもありますよね。
 
町田 はい。かといって、デザイナーの自己表現が強すぎても消費者には届きません。オリジナリティを残しながら、1人でも多くの方に見てもらえるようにする。消費者の方には完成形しか目に触れなくても、デザイナーはそうした方法をあれこれ考え、形や色、文字の大きさや余白を決定しています。そうした背景を知っていただきたくて、デザインの過程を紹介する展示会を仲間のデザイナーと催したことがあります。その展示会では、デザインを学ぶ学生向けのワークショップも同時に催しました。
 
石黒 ゼロからのものづくりの過程が見られる展示は興味深いですね。例えば、クライアントの意向どおりにつくれば、消費者受けしないことが明確な場合もあると思います。その際にはどうなさるのですか。
 
glay-s1top.jpg
町田 ご意向に近いものと、自分が良いと考えるものと、数パターン提出することも。それらを比較しながら、お客様が最も良い成果を得られるよう導きます。
 
石黒 依頼する人と依頼される人のイメージが調和すれば、より優れたデザインになりますね。ただ、意見を摺り合わせるには時間もかかるのでは?
 
町田 はい、作業時間が増え、時には割に合わない仕事もあります。ですが、個人名で仕事をしている以上「自分がつくったものだ」と胸を張って言えないものはつくりたくないので、時間をかけてでも、なるべく自分色に近づけるようにしています。
 
石黒 アイスにミントが載っているかいないかで印象がずいぶんと違うように、最後に一工夫するかどうかで、出来映えは違ってきます。町田代表の妥協しない姿勢から生まれたデザインは、きっと多くの方に響いていますよ!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
自分にとって、今の仕事は趣味みたいなもの。苦しいこともありますが、やはり好きだから続けられるんだと思います。良いものは、つくり手も楽しんでいないと生まれないと思うので。
(町田貴宏)
 

:: 事業所情報 ::

MCD

〒371-0836 群馬県前橋市江田町247-6 Garage LABO D

ホームページ
https://sites.google.com/site/mcdconcerto

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事