B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

性能や製造過程の問題を
試作品を用いて解消する

 

つくるものが毎日違うから仕事がおもしろい

 
glay-s1top.jpg
山本 製造業では若い人材の不足が問題視されています。米盛社長はどう感じられていますか?
 
米盛 弊社でも従業員の高齢化、人手不足をよく感じますね。機械化が進んでいるとはいえ、仕上げの工程など、人的な技術が不可欠なところも多いんです。だから私も、採用および人材育成に力を入れていきたいと考えています。
 
山本 逆に言えば、若い人たちにとって活躍のチャンスが多い業界とも言えますよね。試作品製造の業界に興味を持った人に、この仕事の魅力を伝えるとすれば、どんなお話をしたいでしょうか。
 
米盛 一般的な製造業と違って、試作品製造は、毎日同じものをつくるわけではありません。日々、つくるものが違うからこそのおもしろさが、この仕事の魅力だと伝えたいですね。
 
山本 確かに、自動車って毎年新しいモデルが発売されますし、車ごとにランプの形も違いますもんね。
 
glay-s1top.jpg
米盛 特に日本車の場合は、ランプの造形も細かいですからね。放射される光をぼんやりさせるか、シャープにさせるかというコンセプトも車種によって違うほど、こだわりがあるんです。だから、クライアントからの要求も難しいものが多いですね。その分、完成させたときの達成感は言葉で表現できないほどです。また、試行錯誤の中で凝らした工夫が、日々の積み重ねとして自分の糧になっていくことも、この仕事の魅力だと思っています。
 
山本 お恥ずかしいのですが、今日、米盛社長にお会いするまで、試作品をつくる会社があるとは知りませんでした。でも、東京リッチ産業さんのような会社があり、そこで努力する人がいるから、高い質の製品が完成し、僕たちが便利に安心して暮らしていけるんだなと実感しましたよ。とても誇り高い、立派な仕事だと思います。ぜひ、今後のビジョンについてもお聞かせください。
 
米盛 具体的なビジョンとしては、現在3棟ある社屋を1棟に集約し、社内の“見える化”を推進したいと考えています。マシンの導入も推し進め、より高度な製造・加工環境を整えたいですね。また、タイの拠点を中心に、海外の人材育成も手がけたいと思っています。
 
山本 車ファンの僕にとって、本当に有意義なお話ばかりでした。これからは車を見る目が変わりますよ(笑)。ぜひ、今後も頑張ってください。応援しています!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
多くの人と出会うことです。セミナーなどにも積極的に参加し、刺激を受けていますよ。その刺激をいかに取り込み、活かせるかと考えることが「仕事を楽しむ」というものかもしれません。
(米盛一)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 東京リッチ産業株式会社
■ 本社 〒334-0061 埼玉県川口市新堀132-11
■ 事業内容 自由曲面を有する3次元加工製品の製造/試作金型・インジェクションモールド・樹脂などの試作品の設計および製作・組立/ワーキングモデル全般・冶工具全般の製作/ウレタン樹脂・ゴム、エポキシ樹脂などの注型製品の製造/アルミ蒸着業務
■ 設立 昭和54年6月
■ ホームページ http://www.trico.co.jp
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事