B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

潜在意識カウンセリングストレスのない生活を!
チーム・アドベンチャー株式会社 代表取締役 安藤晶子

 
プロフィール 岡山県出身。「脳を鍛えて力を発揮する!」という観点から速読教室を運営。その中で、潜在意識に起因するストレスの解消を志すようになり、キネシオロジーの手法を身につけた。ストレスマネージメントを行う、チーム・アドベンチャー(株)を設立してからは、全国を舞台に、個人セッションやカウンセリング、ワークショップ、セミナーを精力的に手がけている。【ホームページ
 
 
 
「ナンバーワンよりオンリーワン」という考え方が一般化しつつある現代。しかし、自分らしく生きようにも、その方法がわからないと悩む人も多い。頭を抱える人たちに対し、「ストレスマネージメントで、もっと楽に生きましょう」と呼びかけるのが、チーム・アドベンチャー株式会社の安藤晶子代表取締役だ。安藤社長が手がけるのは、潜在意識を活かして心と身体と脳のバランスを調整する「キネシオロジー」である。
 
 
 

“楽に生きる”ためにストレスケアを実施

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川﨑麻世(タレント)
川﨑 “楽に生きる”をテーマに、個人セッションやカウンセリングを行うチーム・アドベンチャーさん。根性や頑張ることが美徳と教わってきた私にとって、同世代の安藤社長が、現代ストレスの軽減と、楽な生き方をテーマにした事業にどう至られたのか、とても興味があります。
 
安藤 ありがとうございます。岡山県のテレビ局で番組制作をしていたとき、速読について調べる機会があったんです。そこで「右脳を鍛える」という考え方に触れて、「人が力を発揮するには、脳のバランスを取ることが大切なのだな」と気が付き、退職後、速読教室を開きました。ストレスをケアしたいなと考えたのは、2004年頃でしょうか。
 
川﨑 左脳と右脳のバランスを取ることで、ストレスの原因も解決するということですか?
 
安藤 ええ。速読教室の生徒さんに話を聞くと、「朝起きられない」「人の目を見て話せない」といったストレスが多かったんですね。「人が力を発揮できない原因はストレス」だったのです。私は、速読を一歩進めて、もっと具体的なストレスの解決を図りたくなりました。その中で出合ったのが、キネシオロジーという手法です。
 
川﨑 僕もストレスを抱えやすい性質なので、ヨガや太極拳、自己催眠などに触れてきました。でも、キネシオロジーは初めて聞きます。どんなものなのか、ぜひ詳しく教えてください!