B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

緊急な依頼も迅速に対応柔軟で誠実な便利屋さん
ヒューマンアシスト 代表 淺賀美貴

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 山本隆弘(元バレーボール選手)
山本 茨城県坂東市を拠点に、便利屋業を手がけるヒューマンアシストさん。具体的には、どんな作業をしているんですか?
 
淺賀 草刈りや樹木の剪定、害虫駆除、外壁塗装、雨漏りの修理など、お家まわりの作業を得意としています。特に力を入れているのは、ガレージや窓、工場や店舗などのシャッターの修理です。シャッターが壊れると防犯上の問題になりますし、閉まったまま開けられなくなってしまうと、建物の中が真っ暗になってしまいますからね。最初は自宅のシャッターを修理したことをきっかけに業務としても手がけ、これまで多くの現場で経験を積み、技術を磨いてきました。
 
山本 豊富な経験をお持ちだと、お客さんは心強いですね。シャッターの修理を依頼する場合、メーカーさんや大手フランチャイズに加盟している便利屋さんと、ヒューマンアシストさんの対応とでは、どこが違うのでしょうか。
 
淺賀 メーカーやフランチャイズの便利屋業者は、依頼しても迅速に対応してくれない場合が多いんです。中には、見積もりが無料のはずなのに、現場に出向くだけで「出張費がいくら」と言い出す業者もあるんですよ。それに「どこが故障していて、どのように修理する」という事前の説明をせずにいきなり作業を開始して、後で高額の費用を請求してくるケースもあります。シャッター修理に限らず、とにかく融通が利かず困り果てるお客様が多いんですよ。ですから、私どもは案件ごとに作業内容を説明し、それに合わせた適切な料金をご提示します。また、協力会社にもサポートしてもらいながら、お客様から緊急のご依頼を受けたら、できる限り早く駆け付けるよう心がけているんです。
 
山本 便利屋さんに依頼するのは、自分ではできない作業で緊急性も高いものが多いでしょうからね。迅速かつ誠実に対応してくれるヒューマンアシストさんの存在は、お客さんにはとても心強いと思います。淺賀代表は、どんなときに仕事のやりがいを感じますか?
 
glay-s1top.jpg
淺賀 どのようなご依頼であっても、案件に合わせて臨機応変に対応して結果を出すことで、お客様から「ありがとう」と言葉をかけていただけることが、一番のやりがいです。
 
山本 まさにヒューマンアシストさんは、困ったときの駆け込み寺ですね。それでは今後の目標をお聞かせください。
 
淺賀 シャッターの修理以外にも強みを増やして、難しい作業にも積極的に対応し、より多くのお客様に喜んでいただきたいですね。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
利益を生みながら、お客様にも喜んでいただくことを大切にしています。自分の生活基盤をしっかりさせて、自分が幸せを感じていなければ、お客様にご満足いただける仕事もできません。自分もお客様も、お互いが満足できることが仕事を楽しむことだと思います。
(淺賀美貴)
 

:: 事業所情報 ::

ヒューマンアシスト

〒306-0606 茨城県坂東市幸田1949-1

ホームページ
https://77785.webnode.jp