B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

友人のように身近な存在 スポーツ大好き税理士
有明由樹税理士事務所 代表 有明由樹

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 鈴木尚広(野球解説者)
鈴木 東京都港区北青山の有明由樹税理士事務所さんにお邪魔しています。まずは業務内容についてお聞かせください。
 
有明 当事務所は大手企業から中小ベンチャー企業、個人事業主、さらには相続人など、多様なお客様を対象に経営・資金・税務のサポートを手がけています。税理士はただ税金の計算をするだけと思われがちです。しかし、私はそれだけをしているわけではありません。会社の売り上げや経費、利益に至るまで、すべてのお金の流れを洗い出し、経営・資金・税務に関する適切なスキームを考案して助言しているんです。私は“クリエイティブに計画を立て、経営者にコンサルティングする”という心構えで仕事に取り組んでいます。
 
鈴木 なるほど。お金というデリケートなものを扱う仕事ですから、ご苦労も多いのではないですか?
 
有明 確かに、お金の流れを洗いざらい明らかにすることは、お客様の胸元にいきなり飛び込んでいくようなものですからね。でも私は、税理士は“経営者の夢をかなえる手伝い”をする仕事だと思っています。経営や税金について頭を悩ませている経営者の方はたくさんいらっしゃいます。そんな経営者の方々が自分の夢を実現するため、事業に集中できる環境を整えることが税理士の使命であり、それを果たすことで自分自身も成長できると考えているんです。もちろん、責任は重大です。でも、こんなにやりがいのある職業はなかなかないと思いますよ。
 
glay-s1top.jpg
鈴木 有明代表の仕事に対する熱い思いが伝わってきますね! 僕にとっても、税理士さんは現役時代から身近な存在です。わからないことは積極的に質問し、逆に言われたことはきちんと守ることで、対等なパートナーになれました。税金についても詳しくなることができたんですよ。
 
有明 それは素晴らしいですね。私もお客様に身近な存在となることを理想としているんですよ。税理士は堅い仕事で、近寄りがたい存在と思われてしまいがちです。ですから、私は日頃からお客様と積極的にコミュニケーションを取り、信頼関係を築くことを大切にしています。また、お互いに意見することを遠慮しない雰囲気をつくることが大事だと思います。遠慮していては本当の意図がわからなかったり、伝わらなかったりしますからね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事