B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

全身をリラックスさせる
「谷川流足圧」の整骨院

 
 
glay-s1top.jpg
 はい。手技による全身の調整や、交通事故などに対応した保険治療をおこなっています。当院は怪我などの痛みを取るのはあすか整骨院、病気や不調にならないための定期的なメンテナンスとして、谷川流足圧ももじへの通院をお勧めしているんですよ。
 
タージン 多彩な技術を身に付けておられる畑院長。開業はいつ頃なのでしょうか。
 
 私は国家資格である柔道整復師の資格を取り、2008年に当院をオープンしました。谷川流足圧を始めたのは昨年の2017年からです。
 
タージン 柔道整復師として、もう10年のキャリアをお持ちなんですね。ご経験を生かし、足圧という新たな施術にも取り組んでいらっしゃるのは、素晴らしいことだと思います。きっと、手技を長く続けてこられたからこそ、畑院長ご自身が、より足圧の魅力を理解できているのでしょうね。
 
 実は、妻も一緒に谷川流足圧の技術を磨いたので、施術できるんですよ。
 
タージン 女性の中には「どうしても、女性に施術してもらいたい」とおっしゃる方も多いでしょう。性別を問わず安心して通院できるのは、とてもありがたいことですよ。ちなみに、畑院長が来院者さんと接するうえで心がけていることをお聞かせください。
 
glay-s1top.jpg
 「どこがつらいのか」「どのような結果を求めているのか」を徹底的にヒアリングし、必ず満足していただける結果を出すことでしょうか。お一人おひとりとの距離を縮めてリラックスしていただくためにも、コミュニケーションを取ることは大切にしています。
 
タージン 身体の不調といった悩みに、丁寧に耳を傾けてくださるのは頼もしいです。それに畑院長は、ご自身がマラソンをされるとのことで、マラソン仲間も日頃のケアに多数来院されているそうですね。大勢の方に喜んでいただける毎日は、とてもやりがいがあるのでは?
 
 もちろんですね。つらそうな表情でお見えになった方に施術し、すっきりした顔で「楽になった」と言っていただけると嬉しいです。その方が、ご家族やご友人を紹介してくださると喜びもひとしおですね。
 
タージン 今日は実際に足圧の施術をしていただき、整骨院のイメージが大きく変わりました。「痛いから整骨院に通う」ではなく「痛くなる前に通う」を実行するためにも、たくさんの方に谷川流足圧を試していただきたいですね。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
不調に苦しむ人を元気にするには、まずは施術者が元気でいることが大事ですよね。「足裏を通じて自分の元気を皆さんに注入する」という気持ちで、楽しみながら施術をしています。
(畑浩司)
 

:: 事業所情報 ::

あすか整骨院/谷川流足圧ももじ

〒536-0014 大阪府大阪市城東区鴫野西2-8-30 アックスビル101

ホームページ
http://asuka20.com/
https://momoji.crayonsite.net (谷川流足圧ももじ)