B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

ピンチをチャンスに変え
独自の住宅機器で躍進!

 

若さの秘訣は、常に上を目指す貪欲さ

 
glay-s1top.jpg
小玉 そういえば、リーマン・ショックの後も大変だったんですよ。3ヶ所の現場で工事をしていた建築会社が倒産し、弊社も9000万円を焦げ付かせてしまいました。
 
石黒 9000万円も! そのピンチを、一体どうやって乗り越えてきたのですか?
 
小玉 建築会社の社長に「4000万は払うから、残りは我慢してくれ。これからも事業は続けて、必ず儲けさせる」と頼まれて納得しました。私も一念発起しましたね。おかげさまで、現在、その会社は弊社の一番のお得意様になっていますよ。
 
石黒 小玉社長のお話をうかがっていると、先ほどスタッフの方が小玉社長について「とても頭が切れ、お客様からも好かれている」とおっしゃっていたことがよく伝わってきますよ。なんでも、「ここぞ」というときは、今でも営業に同行なさっているそうですね。業界で知らない人はいないほどの会社をつくり上げた、これまでの努力も並大抵ではないと感じます。小玉社長が事業に取り組むうえで大切にしていることを、ぜひ教えていただけますか。
 
glay-s1top.jpg
小玉 それは誠意ですね。嘘をつかず、真面目に生きることを何よりも大切にしています。弊社がお取引先に認めていただいているのも、そのおかげだと自負しています。
 
石黒 荒波を乗り越え、一代で業界トップクラスの会社を築いた小玉社長らしいお言葉ですね。スタッフさんからは、あわせて「いい意味で貪欲で、売り上げも常に上を目指してみんなで考えようとする。決してチャンスを見逃さない人」ともお聞きしました。きっと、そういうスタンスが小玉社長の若さの秘訣であり、いつまでも仕事を続けられる理由でもあるのでしょうね。新しいことに次々と挑む姿勢は、私も見習いたいです。
 
小玉 ありがとうございます。弊社は7年後の2025年には創業50周年を迎えます。そこに向けた私の抱負は、とにかく従業員の待遇を良くして、従業員のご家族も含めて幸せにすることなんです。もちろん、お世話になっているお客様へも、日頃のご恩を返し続けていきたいですね。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
仕事は趣味という感覚で取り組んでいるので、「仕事をしていないともったいない」と思っています。一人でも多くのお客様とコミュニケーションを取りたいですね。
(小玉昭夫)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 小玉産業株式会社
■ 本社 〒201-0003 東京都狛江市和泉本町2-3-8
■ 営業所 〒201-0012 東京都狛江市中和泉1-18-11
■ 事業内容 住宅機器総合卸業/住宅機器取り付け工事
■ 設立 昭和50年7月
■ 従業員数 4名
■ 主な取引先 大手デベロッパーおよび建設会社
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事