B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

高い技術に信頼と定評進化したメンズ理容店
Bar Ber GROW 代表 小島愛弘

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 名高達男(俳優)
名高 2017年10月に東京・板橋区にオープンされた、メンズ専門理容店・Bar Ber GROW(バーバーグロウ)さん。小島愛弘(こじま よしひろ)代表は昔から理容師を目指していたのですか?
 
小島 そうですね。最初は美容師の道も視野に入れつつ、60~70代になっても店に立つことをよく考えた末、高校卒業後は理容専門学校へ進みました。卒業後は、30歳での独立を目指してメンズ専門の理容室で修業の日々。その間、カットなどのさまざまなコンクールで優勝・入賞をさせていただきましたよ。
 
名高 生涯現役を目指して理容師になり、優勝経験もお持ちとは素晴らしい! しかし、なぜメンズに特化した理容店を開業されたのですか。
 
小島 女性のお客様が大半を占める美容室は、私を含め、多くの男性客が肩身の狭さを感じていると思います。そうした男性の皆様の受け皿になると同時に、美容室のようにおしゃれで、気兼ねなくお越しいただける理容店の展開を考えました。
 
名高 いわゆる“町の床屋さん”とは一線を画した、新スタイルの理容店ですね。外観も内装もセンスがよく、小島代表の思いが伝わってきます。
 
glay-s1top.jpg
小島 ありがとうございます。メンズ専門店のもう1つのメリットは、例えば女性美容師さんには相談しにくい薄毛のお悩みなども話していただけること。私はヘアーカウンセラーの資格も持っていますので、適切なアドバイスを差し上げることが可能です。
 
名高 カウンセラーの資格までお持ちとは。しかも、カット技能にも秀でていらっしゃるから、年齢を問わず幅広くニーズに応えられますね。
 
小島 技術力に関しては他店に負けていませんし、それ以上に大事にしていることはお客様との信頼関係です。他人の体に刃物を当てることができるのは、医師と理容師だけ。お客様に信用していただけるよう、関係づくりに努めています。
 
名高 技術も信頼も獲得されているからこそ、お客様からいろいろな悩みを打ち明けられるのでしょう。今後の展開についてはどのようにお考えですか?
 
小島 現在、理容店は後継者不在で減少傾向にありますし、理容師を目指す若者も減っているので、後進の育成にも尽力したいと考えています。
 
名高 ぜひ多くの方にBar Ber GROWさんを知っていただくとともに、小島代表のように利用者側の気持ちに寄り添える理容師さんが多数巣立つことを祈っています。今後のご活躍に大いに期待していますよ!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
この仕事は好きじゃないとできないし、好きなだけでもできません。体がつらいことも、正直あります。でも、楽しんでいないとお客様に伝わってしまうし、そんな自分の状態は、お客様には関係のないこと。だからこそ、どんなときもポジティブに、楽しみを見つける努力が必要です。
(小島愛弘)
 

:: 店舗情報 ::

Bar Ber GROW

〒174-0076 東京都板橋区上板橋2-31-3 富士ビル1F

ホームページ
http://www.barbergrow.com

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事