B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

以心伝心のチーム力で 
高品質の内装工事を施す

 

数年間不動のメンバーで強固な団結を形成

 
glay-s1top.jpg
狩野 大水流代表は現在30代。独立してからわずか数年で、15人の職人を抱える会社に成長させるとはすごいですね。
 
大水流 私を支えてくれるスタッフのおかげですよ。ただ、私は「見て学べ」の現場で育ってきた人間なので、スタッフとの接し方や環境整備についての引き出しを、以前はあまり持っていなかったんです。だから、他の会社で職人をしていたスタッフに、強引に私のやり方を教えて、意見を戦わせたこともありました。
 
狩野 現場叩き上げだからこそ持ちうる悩みですね。でも、意見を言い合えるのは良いことだとも言えませんか。そのスタッフは黙って辞めるより、オズケンさんで働き続けることを選ばれたわけだから。
 
大水流 ええ、相手と本音で話したことで、私も反省すべきことが見えました。私の新人だった頃とは時代が変わり、教育でも見て学ばせるのではなく、対面でじっくりと指導したほうが、相手も早く飲み込んでくれるとわかったんです。
 
狩野 個性がぶつかりあって技術が磨かれた古き時代と、協調の中で技術を高め合う今の時代。その両方の価値観を持っている人って、そうはいません。両方の時代を経験したことは、大水流社長にとって大きな財産だと思います。会社を成長させられたのも、昔と今の経験があるからでしょうね。
 
大水流 おかげさまで、人材不足や若い職人の離職率の高さで嘆く業者さんが多い中、弊社ではここ数年、スタッフの入れ替えがありません。その結果、職人同士、阿吽の呼吸が生まれて、さらに質の高い仕事ができるようになっています。
 
glay-s1top.jpg
狩野 野球でも、強いチームは高いチームワークを備えています。数年間メンバーが不動というのは、何よりの強みですね。意見を出しやすい環境というのは、現在も意識されているんでしょうか?
 
大水流 みんなで旅行に行ったり、月に1回は食事会を開いたりして、何でも話し合える環境をつくっています。私も現場の休憩時間にコーヒーの差し入れをするなど、積極的に顔を出すようにしていますね。
 
狩野 ファミリーみたいな関係だな。特に、大水流社長自らが顔を出すというのは良い! 僕も選手会長時代に気付いたこととして、上の立場の人間から親身になってあげたほうが、若手も意見を言ってくれますよね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事