B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

豊富な建材知識と経験で 
笑顔が集う庭をつくる

 

一体感のある現場だから最高の仕事ができる

 
glay-s1top.jpg
川村 秋吉代表は、どのようにして信頼を勝ち取れるだけの知識を培ったのでしょうか?
 
秋吉 独立するまでの5年間の修業期間が理由です。大手建材メーカーの卸会社に勤務しており、仕事柄、メーカーを問わずあらゆる商品を扱いました。日々の業務の中で広くて深い商品知識が身につきました。また、5年のうち、最後の2年間で実際に施工現場に出た経験も活きていますね。
 
川村 商品の勉強をするだけでなく、職人さんに頼み込んで、一緒に現場で働いた時期もあるんですね。
 
秋吉 商品に詳しくても、現場のことを知らなければ、見積もり時にお客様へきちんとご説明できないと思ったんです。例えば、ブロック設置の作業って簡単そうに感じるじゃないですか。しかし、中にはブロックを重ねるだけでも難しい作業もあるんですよね。この工程になぜこれだけのコストがかかるか、その理由をきちんと説明できることも、お客様から信用していただくうえでは大切なんです。
 
川村 経験上知っているから、説明にも説得力が出ますよね。それに、職人さんの気持ちを理解する、よいきっかけにもなったのではないですか?
 
glay-s1top.jpg
秋吉 リスペクトの気持ちがさらに強まりましたね。一緒に仕事をする良き仲間として、今でもお付き合いしている職人さんも多いんですよ。そもそも、独立したのも、その仲間に背中を押されたからなんです(笑)。
 
川村 「秋吉さんとだったら気持ちよく働ける」と、職人さんも思われたのでしょう! 良き仲間とおっしゃったのもうなずけます。豊富な知識を元に、腕利きの職人さんを舵取りする秋吉さんは、さながらプロデューサーといったところでしょうか。
 
秋吉 ディレクターとプロデューサーの半々といった感じですね(笑)。というのも、自分の知識をかけ合わせて新たな提案をすることと同じくらいに、人の組み合わせを考えることも好きなんです。相性の良い職人同士だと、現場の相乗効果が出て、とてもいい仕事ができるんですよ。予想以上の仕事ができる瞬間って燃えますからね!
 
川村 一体感のある現場でしか生まれない価値ってありますよね。なるほど、その一体感というのに、きっとお客さんも巻き込まれるんだ。だから、お客さんも仲間と言えるような関係性が構築されるんですね。