B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 西岡利晃(元ボクシング世界王者)
西岡 経営コンサルタントFBS(エフビーエス)の福島代表。まずはこれまでの歩みを教えてください。
 
福島 大学卒業後から2014年に定年退職するまで、ずっと金融業界で働いていました。定年退職前の最後の5年間は営業本部長で常務取締役も務めていましたね。退職後に自分の経験を活かせる仕事として、経営コンサルタント業を始めたんですよ。
 
西岡 すごいご経歴だ! ならば、金融・経済に関しては裏も表も知り尽くしているといった感じですね。
 
福島 そうですね。お金は人生を左右する重要なものだと学びました。お金によって喜びや幸せが手に入ったり、逆に、苦しんだり不幸になったりする。私が子どもの頃、世間一般の考えではお金の話をするのは「卑しい」と、どこかタブー視されていたように思います。でも、社会の経済活動の中枢を担っているのはお金です。確かに、お金は怖い側面を持っていますが、「稼ごう」と考えるのはアグレッシブで前向きな感情ではないでしょうか。
 
glay-s1top.jpg
西岡 そういった感情を持つ起業家の方々をサポートしていきたいからこそ、福島代表は経営コンサルタント業を始められたのたのですね。同業他社と差別化を図っている点や、強みなどがあれば、ぜひお聞きしたいです。
 
福島 やはり、経験ですね。金融業界に40年近く関わってきた中で、1800社以上の事業者様と関わり、数多くのことを学ばせていただきましたから。特に、当時の私が携わっていた管理会計という仕事は、収支決算の申告だけでなく、今後どうやって利益を上げていくか戦略を組んでいきます。この経験を活かし、例えば法人設立支援や新事業の立ち上げ支援、商標権の申請支援によるブランド力アップなどを手がけているのです。