B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 吉村禎章(野球解説者)
吉村 整体とトレーニング指導を1つの場所で施してくれるスタジオ、BODY LICENCE + FIELD(ボディーライセンス プラスフィールド)さん。ヘッドトレーナーの藤原さんは、整体で体を癒すこと、エクササイズで体を鍛えること、2つの要素が組み合わさった“真のコンディショニング”を提供しているそうですね。
 
藤原 はい。肩の柔軟性アップによるコリの解消や、体幹強化による姿勢の改善、300種類以上のトレーニングができる運動器具TRXを利用したプログラムの他、ゴルフの飛距離アップやランナーの疲労回復、ダイエットなど、健康に関する様々なコンディショニングをしています。
 
吉村 それらのサポートは全て、藤原ヘッドトレーナーが?
 
藤原 いえ、各分野に専門のトレーナーが所属しています。当スタジオの特徴は、骨格矯正を行うカイロプラクター、ボディビルダーでもあるストレングスコーチ、体幹トレーニングを担当するボディワーカーなど、各分野のスペシャリストがチームを組んで1人の方をサポートすることなんです。
 
吉村 複数のトレーナーが協力して、お客さんの健康をトータルでサポートしておられると。
 
藤原 そうです。まず私が動作改善の視点から、体の不具合の原因を突き止めます。次に、骨格や体幹など一つひとつの要素の改善について各トレーナーと話し合う。その結果、お客様に最適なトレーニングプランを練り上げ、みんなで手分けしてサポートしていきます。各トレーナーがそれぞれの専門分野からアイデアを出し合い、その中で、お客様にとって最適なアプローチを選択する。チームでサポートするからこそ、1人のお客様に対して、豊かなコンディショニングができると考えています。
 
吉村 すると、トレーナーたちの意見をまとめあげることも、藤原ヘッドトレーナーの役割というわけだ。1対1のパーソナルトレーニングではなく、チームでサポートする手法はかなり珍しいですね。お客さんに最適なプログラムを提供することで、各要素をきっちり改善・向上できる。これはコンディショニングの理想形とも言えそうです。
 
glay-s1top.jpg
専門分野からアイデアを出し合い、チームでサポート
藤原 ありがとうございます。つけ加えれば、1人のトレーナーに依存してしまうという事態を防げる点もメリットですね。
 
吉村 よくわかります。選手とトレーナーの信頼関係は大事ですが、トレーナーに頼りすぎてしまうと、常に近くにいてくれないと力が発揮できなくなってしまう恐れもありますからね。お客さんには、どんな方が多いんでしょうか。