B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川上麻衣子(女優)
川上 こちらの皆野スポーツバッティングセンターさんは、レストラン「ねむの木」が併設されているのですね。オープンしてから、どれくらいになるんですか?
 
落合 今年2017年で、ちょうど丸10年になります。私は看護師時代、仕事のストレスを抱えている人を多く見てきました。そんな中、ときどき息子たちと少し遠くのバッティングセンターに行くうちに、バッティングは年齢や性別に関係なく楽しめるし、ストレス発散にぴったりだと思うようになったんです。それで、もっと近くにあれば地域の皆さんにも楽しみながらストレスを発散していただけると思い、この事業をスタートしました。
 
川上 それは息子さんたちも喜んだことでしょう。でも、看護師からバッティングセンターのオーナーになるなんて、かなりの冒険ですね。
 
落合 それはもう、周りには反対されましたよ(笑)。お金も土地もない中、それでも、親身になってくれる業者さんや家族に助けられながら何とかオープンできたことには、本当に感謝しています。さらに、私は食べることが大好きだったので、おいしいものを提供できるレストランもどうしてもやりたくて。「せっかくならどっちもやろう!」と、この「ねむの木」も一緒に始めたんです。
 
川上 バッティングで汗を流してストレスを発散し、お腹が空いたら、レストランでおいしいものをお腹いっぱい食べられるなんて、いいですよね! レストランは、全て落合代表お1人で担当されているのですか?
 
glay-s1top.jpg
落合 いえ、今はお手伝いしてくださる方と3人ですね。ただ、料理はオープン時から、全て手づくりにこだわっているんですよ。最初は店内でのご飲食のお客様だけでしたが、お弁当の販売を始めてからは「おいしい」と評判が広がり、いろいろなところから注文がくるようになりました。さらに現在ではバーベキュー施設と契約し、仕出しも手がけています。
 
川上 どんどん事業が広がっていますね!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事