B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 名高達男(俳優)
名高 合同会社キルシュバウムさんが運営する、ケアプランサービスリベラさん。具体的にどんな事業内容なのか、教えていただけますか?
 
櫻井 簡単にご説明すると、介護保険制度において介護を必要とされる方のためにケアプランの調整を行います。介護を必要とされている方やそのご家族のお宅にうかがって、ご要望をお聞きし、実際に支援を行うサービス事業者を選定して、連絡・調整をするんです。どんなサービスがその人にとって最も必要なのか、どんな目的でサービスを利用するのか書かれているものを「ケアプラン」と言うんですよ。
 
名高 なるほど。つまり、櫻井代表は直接介護に当たるというより、現場のサービスがうまくいくよう、采配をとる役目なのですね。ちなみに、そうした仕事には資格が必要なんでしょうか?
 
櫻井 ケアマネジャーと言われる、介護支援専門員の資格が必要です。介護の現場で経験を積んだ人、すでにホームヘルパーや介護福祉士の資格を持つ人が、次のステップとして受験することが多いんですよ。
 
名高 まずは現場でしっかりスキルを身に付け、それからケアマネジャーになるわけですか。確かに、仕事のことが隅々までわかっていないと、マネジャー役は務まりませんね。しかし、人と接する仕事、しかも介護となれば相手との距離も非常に近くなりますから、相性の良し悪しがどうしても出てしまうんじゃないかと想像するのですが。
 
glay-s1top.jpg
櫻井 やはり人間同士なので、相性は当然あるでしょう。私たちの仕事は原則として、こちら側の都合でご依頼を断ることはありませんが、介護を受ける方から断られるケースは起こりえますし、介護を受ける方にはそうする自由、権利があります。しかし、せっかく何かのご縁でお世話をさせていただくことになったのですから、相性が良くないと感じられた場合も、すぐに関係を絶ってしまってはもったいないと思うんです。ですから、どんな小さなご不満にもよく耳を傾け、常に状況の改善を図るよう心がけています。
 
名高 今まで介護の現場をたくさん見てこられて、特に大切に思われていること、改めて気付かされたことがあれば、お聞かせください。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事