B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

水産物もゆうパックも 
赤い車輌で丁寧に配送

 

各種手当てで社員のやる気を引き出す

 
glay-s1top.jpg
川上 水産業から運送業に進出された魚吉水産さんだけに、御社ならではのご苦労もあるのではないかと思います。その辺りについてはいかがですか?
 
内海(大) そうですね。中にはやはり、「荷物に魚の匂いが付いたら困る」と躊躇されるお客様もいらっしゃいます。そこで弊社では、トラックの洗車を徹底。それに伴い、スタッフには洗車手当てを出しているんですよ。
 
川上 洗車手当てですか。初めて聞きました。
 
内海(大) かなり珍しいと思います。なぜ手当てをつけているかというと、4tトラック1台を徹底的に洗車すると、2時間もかかるからです。その間スタッフは、当然車を運転することも荷物を運ぶこともできず、稼ぎになりません。そんなスタッフの気持ちを理解して、たとえわずかな金額でも、手当てを出してあげるようにしているんです。そうすれば、洗車にも積極的に取り組めると考えました。
 
川上 なるほど。手当てが出るとなれば、より洗車に対するやる気も責任感も湧いてきますね。他にも、スタッフのやる気を引き出すために工夫されていることはありますか?
 
glay-s1top.jpg
内海(大) 他には例えば、業務で使用した各個人の携帯電話の通話料を補填するために、電話代の手当てを支払っています。また、4tトラックを運転するのに必要な中型免許や、フォークリフトを運転するための特殊自動車免許など、運送業の仕事をするのに必要な免許を取るための費用は負担しているんです。そうやって、仕事の幅を広げるための支援は惜しみません。
 
川上 洗車や電話代の手当てをもらえて、免許取得のバックアップまでしてもらえるなんて、従業員の方にとってみればありがたいと思いますし、働きがいがあるでしょうね!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事