B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部美穂(タレント)
矢部 千葉県君津市で居宅介護支援を行っているTプランニングさん。渡邉代表自らケアマネージャーを勤めていらっしゃるそうですね。
 
渡邉 はい。私はケアマネージャーとして、介護サービスを希望する方に対し、ケアプランの作成やサービス提供事業所との連絡調整を行っています。また、介護に関する様々なご相談に乗ったりもしていますよ。
 
矢部 ケアプランって、介護サービスの計画のことですよね? 利用者さんのお宅にうかがって、その方の状態を見てから作成されるのですか。
 
渡邉 そうです。実際にお会いして、その方に最適なケアプランを立て、毎月モニタリングをしながら随時見直しをしていきます。利用者様やご家族の許しを得て、主治医の先生に意見をうかがったり、サービスを行う担当者全員を集めて話し合ったりすることもありますね。
 
矢部 つまり、ケアマネージャーさんは介護サービスの窓口として、大事な役割を担っているんですね。今まで、その仕組みをよくわかっていなかったんですよ。
 
渡邉 ご家族に要介護、要支援の方がいらっしゃらないと、わかりづらいかもしれませんね。仕事としては他にも、各自治体への要介護認定の申請など、必要書類の作成や提出も行っています。
 
矢部 渡邉代表が仕事をするうえで、一番大事にされているのはどんな点ですか。
 
glay-s1top.jpg
渡邉 介護サービスを利用されている方の思いを汲み取ることです。ケアマネージャーやご家族に遠慮して本心を伝えられないご高齢の方って、結構多いんですよ。
 
矢部 でも、利用者さんとその家族の間で意見が違ったりすると大変ではないですか。
 
渡邉 かつては私も父を通じてサービスを受ける立場でしたから、ご家族の気持ちも理解できます。ですから、双方のご希望をうかがって調整したうえで、なるべく利用者様の気持ちを一番に考えたサービスをご提供できればと思っているんです。
 
矢部 利用者さんと家族、双方が納得できる形が一番いいですものね。それにしても、渡邉代表のお父様も介護サービスを受けていらしたとは。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事