B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部美穂(タレント)
矢部 プライマリーカイロプラクティックの倉田院長が手がける施術は、一般的なカイロとは少し違うようですね。どういった特徴があるのでしょうか?
 
倉田 カイロプラクティックや整体というと、体を揉んだり、骨をボキボキ鳴らしたりというイメージがあるかと思います。当院では、筋肉・靭帯・血管・神経・骨格にアプローチ。臨床歴30年以上の実績を持つ「プライマリーテクニックMNT」という技法で、筋肉と内臓のしこりを芯から取り除くことを目的としています。
 
矢部 なるほど、一時凌ぎ的な施術ではなく、痛み・シビレを根本から取り去るということですね。
 
倉田 はい。また、カウンセリングの時間もしっかりと設け、いつから・どんな時に・どこが・どう辛いのかをしっかりと把握したうえで施術を始めています。特に、初めて来られた方に対しては、痛み・シビレの原因や施術の方針、通っていただくペースなどをしっかりとお伝えするように努めていますよ。
 
矢部 皆さん、本気で痛みから開放されたいと思って通院されているわけですから、そういった対応は嬉しいと思います。現在の療法に行き着いたのには、どういったきっかけが?
 
glay-s1top.jpg
倉田 もともと私自身が体調不良にずっと悩まされていまして。以前は畑違いの仕事をしていたものの、今の師匠にあたる方の施術を受けたことから、この道に興味を持つようになりました。それまでいろんな院に行ってみたのですが、なかなか良くならなくて。師匠から「姿勢の悪さ」が原因だと言われたときには、衝撃を受けましたね。
 
矢部 そこから自身の歩む道を確信されて、お師匠さんの技術を学ばれたということなんですね。
 
倉田 ええ、本格的に治療家としての道を目指し、師匠のもとで学びながら、あん摩マッサージ指圧師としての国家資格を取得するために専門学校にも通いました。その後、いろんな店舗で施術を経験させてもらう中、雇われている状況だと、どうしても院長の考え方に左右されてしまうことに気付いたんです。ならば、自分でやったほうがより良い施術が提供できるのではないかと考え、思い切って独立しました。退職から開業までわずか2ヶ月でしたね(笑)。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事