B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 東京都出身。中央大学法学部卒業後、横浜銀行に入行。各支店を経験した後、支店長や営業推進部副部長などを歴任。24年間の勤務を経て2000年に早期退職し、翌年に(株)インキューブを設立した。現在は総合保険業・アフラックの商品を専門に販売する専業保険代理店として顧客第一主義を掲げ、神奈川県内に3事業所を展開している。【ホームページ
 
 
 
神奈川県横浜市の株式会社インキューブは、がん保険や医療保険などを販売するアフラック専業の保険代理店だ。銀行の要職を経て起業した代表取締役・菊池一行氏は、顧客にベストな保険を組み合わせる「総合提案」を旗印に躍進。来店型店舗を構え、同社を横浜地区ナンバーワンの売り上げを誇る保険代理店に成長させた。顧客と自社を「運命共同体」と呼び、徹底した“お客様第一主義”を掲げる菊池氏の経営哲学・保険哲学とは。
 
 
 

2時間じっくり面談できる来店型店舗

 
140709_k1797_g01.jpg
インタビュアー 三浦淳寛(サッカー元日本代表)
三浦 インキューブさんは、アフラックの専業独立代理店として、2001年に起業されたそうですね。今日は代表取締役の菊池一行さんと営業統括部長の菊池弘毅さんにうかがいます。まず菊池社長、現在の事業規模や事業内容から教えてください。
 
菊池(一) 当社は社員15名で、アフラックのがん保険、医療保険、死亡保険、個人年金、学資保険等を専門に取り扱っています。今日お越しくださった「よくわかる!ほけん案内 湘南台店」と、横須賀にある「LIVINよこすか店」が来店型店舗で、能見台の本社に外回りの営業部を置いて、息子の弘毅が責任者として頑張っています。おかげさまで創業13年、現在は横浜地区の保険代理店で売り上げナンバーワンの座につかせていただいてます。
 
三浦 数ある保険代理店の中でナンバーワンというのは、すごいですね! 保険の来店型店舗というのは、どのようなサービスを受けられるところなのですか。
 
菊池(一) 当社の場合、直接、もしくはご予約をいただき来店されたお客様と約2時間かけて面談し、家族構成や将来の展望など、保険の設計に必要な情報をじっくりお聞きします。ただし、その時はご契約まで進みません。2回目のご来店時に具体的な保険プランをご提案し、ご契約いただくスタイルなんですよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事