B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
140528_k1746_g01.jpg
インタビュアー 舞の海秀平(大相撲解説者)
舞の海 カービングネットの平松代表はフルーツ・べジタブル・カービングのアーティストや講師として活躍していらっしゃるそうですね。カルチャーセンターでの講師暦は2014年で16年になるとか。それにしても、どの作品も繊細な技巧の施された力作ぞろいですね。
 
平松 ありがとうございます。フルーツ・ベジタブル・カービングは、タイ・カービングとも言われ、タイで700年以上の伝統がある「おもてなし」の文化です。宮廷料理の飾りに使われるんですよ。スイカ、メロンなど加工しやすい硬さの野菜や果実に、下書きをすることなくナイフ一本で草花などを彫り、食卓に彩りを添えるものなんです。
 
舞の海 下書きなしで仕上げるだなんて、すごいですね。平松代表はどうしてカービングを始めようと思われたのでしょう?
 
平松 会社員として働いていた時に、テレビで偶然カービングを見てその素晴らしさにとても感動したんです。それですぐにカービング教室に受講を申し込んだのが始まりでしたね。実は私、子供の頃から人見知りで、どちらかというと引っ込み思案なタイプだったんです。でも、自分なりの表現方法を見出して、何かをやってみたい、伝えたいという思いは強くて。その手段としてようやく出合えたのが、カービングなんですよ。
 
舞の海 そうだったんですか。単に鑑賞して満足するのではなく、自己表現のツールとしてチャレンジしようと思われるほど、魅力を感じたわけですね。
 
平松 そうですね。初めてつくった作品は、ぐちゃぐちゃでしたけど(笑)。その時はあまりの難しさに、「こんなはずじゃなかった」と思ったのですが、同時に「カービングだったら自分を表現できそう。だからきちんとしたものをつくれるようになりたい!」っていう意欲も湧いたんです。それで続けるうちに、「私が探していたものはこれだったんだ」って確信するようになりました。
 ちょっと、実演してみますね・・・。こうして果物の表面にナイフで切り込みを入れて、もう一つの切り込みとぶつかったところをV字状に切り取りながらつくっていくんですよ。ほら、模様が浮き上がって見えてきたでしょう。
 
舞の海 う~ん、これは難しそうですねぇ・・・。
 
平松 確かに最初は難しいかもしれないですけど、完成した時は感動しますよ。試しにやってみれば、きっと魅力を感じられると思うので、ぜひ教室にお越しいただき、たくさんの方に挑戦してもらいたいです。
 
140528_k1746_ex01.jpg
スイカに花を彫り、ケーキのような形にアレンジ!
140528_k1746_ex02.jpg
野菜や果物を様々な形に彫り上げ、食卓に彩りを与える
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事