B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

皮膚科専門医自らが実践した
代替医療で身体疾患を改善

 
 
101117_k0302_g02.jpg
ローズ NAETとは初めて聞きました。どういう治療法なのですか?
 
安達 インド生まれのデビ・S・ナムブドゥリパッド女史が、アメリカで西洋医学・東洋医学・カイロプラクティックを学んで研究し、発見・開発した、アレルギーへの方策です。その人の持つエネルギーと合わないものを、全てアレルギーと考えます。そして脳の認識を変えて、合わないものを合うようにしていきます。施術者は体に触れたり機械で刺激したりするだけで、薬はいっさい使いません。
 
ローズ 薬を飲むと別の症状が出て、それを抑えるためにまた別の薬を飲む悪循環に陥ることもありますからね。
 
安達 そうですね。アトピーの場合、西洋医学では皮膚の炎症を治すのに塗るステロイド剤、痒みを止めるのに抗ヒスタミン剤、それでも効かなければ飲むステロイド剤、最後は強い免疫抑制剤の塗り薬や飲み薬で抑えるアプローチになってしまいます。たくさんの薬の副作用で具合が悪くなる心配が、常にあります。
 それと比べると、施術者が合わない反応を取り除いていくNAETも、患者さんの自然治癒力を発揮させるカイロプラクティックも、体を本来の姿に戻していく、優しい治療です。実際、薬の副作用でつらい思いをされた方や、薬を使っても充分よくならないような方が、治療を受けに来ていらっしゃいます。
 
ローズ それなら安心です。それにしても、安達先生のように西洋医学を修めた方が代替医療で治療するのは珍しいですよね。
 
101117_k0302_d02.jpg
安達 医師の知らないことを知っていたり、できないことをできたりする代替療法家は確実にいますよ。私は3年半カイロプラクティックの学校に通い、頭蓋骨は常にほんの少し動いていて、脳脊髄液を送り出していることを教えてもらいました。また最近は、化学物質過敏症・ひどい食物アレルギー・線維筋痛症・自閉症など、以前には見られなかった原因不明の病気がたくさんありますが、これらの難しい病気に対して、アメリカではNAETによる治療実績がすでにあります。
 今後も様々な体調不良に悩まれている方々を丁寧に治療させていただいて、西洋医学で改善しない患者さんたちが希望を持てる力となりたいと思っています。
 
ローズ 私も応援しています。これからもたくさんの患者さんを救ってあげてください。本日はありがとうございました。
 
 
 
 

:: 企業情報 ::

安達クリニック

〒277-0025 千葉県柏市千代田1-4-8

URL http://members3.jcom.home.ne.jp/adachi-chiro

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事