B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

健康になれる噛み合わせを
実現させる LBO

 

LBOを習得するには


大門
 それほど優れた技術であるLBOは、どうすれば習うことができるのですか。

冨田 まずは12回1年間のベーシックコースがあり、次にアドバンスコースへと進みます。
ベーシックコースでは総論として...

  • Lower Buccalized Occlusionとは
  • 健康咬合の定義(セーフティゾーンとタブーゾーンについて)
  • 噛める義歯と噛めない義歯との違い
  • 歯槽吸収と抜歯前の上下歯牙の位置関係
  • 不定愁訴等の診断方法を習得し、咬合調整の実技として
  • 主溝・副溝の方向や必要性について
  • 顎模型による診断方法について
  • 即時重合レジンの使用方法について

などを学びます。もちろん、LBO は総義歯かパーシャルデンチャーかを問いません。アドバンスコースになりますと、最終的にクラスプ(隣の残存歯にかける金具)の無いトップ・ハンガータイプのパーシャルデンチャーを処方できるよう指導します。
現在は大阪LBO会(臨床歯科研究所)・秋田LBO会・健康創造歯科研究会といった各団体の医師、歯科技工士がLBOの普及に尽力してくださっています。特に柿内先生はご自分の周囲の歯科医療従事者にも熱心にLBOを勧めてくださり、本当に感謝しています。

090601_k0001_t02.jpg

柿内 私が熱心にLBOを普及させようとするのは、第一に、患者さんが喜ぶからです。その裏には、現在の歯科業界に対する私なりの問題意識もあります。開業医が多く医師同士の交流が少ないせいもあり、歯科医には国家資格にあぐらをかいた不勉強な人間が少なくありません。人々の健康をあずかる立場の者がそれでいいはずはない。医療に携わる者として、人々に少しでもメリットをもたらす工夫を忘れてはいけないと思うのです。
さらに現在、歯科医院は健全に経営しつづけるために自費診療の割合を増やす必要に迫られています。LBOは保険診療以外への導入を促進するのに最適です。実際に私の新大手町ビル歯科医院も、LBOをきっかけに審美治療の割合が増えました。

大門 患者さんに喜ばれるうえに、医院の経営にも大きな恩恵をもたらすLBO。これからますます普及することを願っています。本日はありがとうございました。

 

 

 :: 会社概要 ::

 

  ■社名    健康創造歯科研究会/有限会社トミタ

  ■住所     〒812-0888 福岡県福岡市博多区板付4丁目5-7

  ■URL    http://e-kamiawase.jp/

  

 

  ■社名    新大手町歯科医院    

  ■住所    〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル 1F

  ■事業内容 診療科目 一般歯科・ホワイトニングその他の審美歯科・矯正歯科

  ■URL     http://www.otemachi-dc.net/

 

 


アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事