B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

タグ別TAG

タグ:成長

  • 繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート vol.32 自分を生まれ変わらせてくれた人たちへの感謝に泣いた日 皆さんこんにちは、佐藤勝人です。この連載はタイトルに「国々」とある通り、いろんな国=土地に行って見聞したことを話すのが趣旨だけど、今回に限っては“佐藤勝人的時事”に思いきり寄せて、私的な体験を話させてほしいと思います。

  • ほめ達!の「未来を拓く言葉たち」第26回 成長を引き出す自己効力感 皆さんは、自己効力感という言葉をご存じでしょうか。人が課題に直面した際、「こうすればうまくいく」と、自分にそれが実行できるという自分自身への期待や自信を持てる人は、その課題において自己効力感が高い人です。いっぽう、それが低い人は課題を前にして、自分の能力を期待されることに臆病になりがちです。今回は、この自己効力感を高める方法についてお話しします。

  • 繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート vol.29 「仮想敵への反抗」からの脱却 こんにちは。佐藤勝人です。前回は私の“初体験”を話したところ、「シミとりからカプセルホテルに展開するのが新鮮だった」とか、「示唆されることが多かった」とか、いつになく反響が大きかった。今回も、自分の中では結構大きな意味のある初体験のことを話そうと思います。舞台は佐賀県です。さて、何があったのか・・・。

  • 繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート vol.27 自分に厳しく。他人にも“ちゃんと”厳しく。 あけましておめでとうございます。佐藤勝人です。皆さんはいいお正月を迎えられましたか――と、その前に。年末は一年を振り返る時間を持ちましたか? 新しい年を実り多くするためにも、節目では気持ちを落ち着けてそれまでの自分を振り返るといいですよ。ま、私は12月21日が誕生日だから年末に振り返る癖が自然についただけかもしれなくて、だとしたら偉そうなことは言えないけどね(笑)。

  • ほめ達!の「未来を拓く言葉たち」第20回 チャレンジは好循環への第一歩 こんにちは。皆さんはあまり気の進まない仕事があったとしたら、どうしますか? 取りかかるためのモチベーションを上げることを先に考える人もいるかもしれません。しかし、そういうアプローチよりもまず、何はともあれ、何でもいいから手をつけることが大事。今回はそういうお話をします。

  • 企業の成長には何が必要か? vol.4 経営トップの覚悟が企業を成長させる 時代の変化に対応して成長し続ける企業にはどんな特徴があるのだろうか。「一般社団法人すごい会議」のメンバーで、デルフィーコンサルティング株式会社の代表取締役を務める久保田記祥氏に、同社のサービスの手法も交えて、企業成長に必要な要素を語ってもらうインタビューの最終回。

  • 企業の成長には何が必要か?vol.3 意思決定を繰り返して目標に近づく 時代の変化に対応して成長し続ける企業にはどんな特徴があるのだろうか。「一般社団法人すごい会議」のメンバーで、デルフィーコンサルティング株式会社の代表取締役を務める久保田記祥氏に、同社のサービスの手法も交えて、企業成長に必要な要素を語ってもらうインタビューの第3回目。

  • 企業の成長には何が必要か?vol.2 コンテキストを変えて、社内をポジティブにする 時代の変化に対応して成長し続ける企業にはどんな特徴があるのだろうか。「一般社団法人すごい会議」のメンバーで、デルフィーコンサルティング株式会社の代表取締役を務める久保田記祥氏に、同社のサービスの手法も交えて、企業成長に必要な要素を語ってもらうインタビューの第2回目。

  • 企業の成長には何が必要か?vol.1 解釈するのではなく、真剣に目標達成を考えるべき 日本では毎年、数万社が起業し、それと同じくらいの数の企業が廃業していると言われる。では、時代の変化に対応して成長し続ける企業にはどんな特徴があるのだろうか。数々のクライアントの支援を行い、多くの実績を残してきた「一般社団法人すごい会議」のメンバーで、デルフィーコンサルティング株式会社の代表取締役を務める久保田記祥氏に、同社のサービスの手法も交えて、企業の成長に必要な要素を語ってもらった。

  • 繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート vol.18 年度の始まりに社員の成長を思う こんにちは、佐藤勝人です。新年度が始まって半月経ちましたね。そろそろ社内の雰囲気も落ち着いてきましたか? なになに、新人と古株社員のあいだで、いい具合に化学反応が起きて、うんうん、手応えを感じたと。――へえー、そりゃよかったね。でもね、そんなきれいな話だけじゃ終わらないと思うよ。これからいろんな問題が出てくると思うよ(笑)。いきなり冒頭から怖がらせたいわけじゃないけれども、今回は時期的にそういう話から・・・。