B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

タグ別TAG

タグ:コミュニケーション

  • ほめ達!の「未来を拓く言葉たち」第26回 成長を引き出す自己効力感 皆さんは、自己効力感という言葉をご存じでしょうか。人が課題に直面した際、「こうすればうまくいく」と、自分にそれが実行できるという自分自身への期待や自信を持てる人は、その課題において自己効力感が高い人です。いっぽう、それが低い人は課題を前にして、自分の能力を期待されることに臆病になりがちです。今回は、この自己効力感を高める方法についてお話しします。

  • ほめ達!の「未来を拓く言葉たち」第25回 心の居場所をつくってあげよう 皆さんこんにちは。皆さんは日常、人を叱ることはありますか? 人を叱るのは難しいですよね。人を叱るときには大事なことがあります。まずはそのお話からはじめましょう。

  • ほめ達!の「未来を拓く言葉たち」第24回 “ねぎらう”ことの大切さ 皆さんこんにちは。今回は予告したとおり、“ねぎらう”という行為についてのお話から始めます。前回のラストで、ほめることが難しいのは「うまくできた」「結果が出た」という一定の基準を超えた場合にしかほめてはいけないという思い込みがあるからだとお話ししました。そうしたジャッジなしで相手に元気を与えられる方法、これが“ねぎらう”ことです。

  • ほめ達!の「未来を拓く言葉たち」第23回 他人の本音を知ろうとするよりも 皆さんこんにちは。私は仕事柄、多くの方々から相談をいただくことがあります。先日、「人の本音や本心を引き出すにはどうすればいいですか」という質問をいただきました。今回はそんなお話から始めます。いきなり、深い内容になりますが、じっくり考えてみてくださいね。

  • ほめ達!の「未来を拓く言葉たち」第19回 集中力を高めるために 【B-plus】ほめる達人協会の西村貴好理事長と、未来を切り拓く言葉を獲得するトレーニング。第19回はコミュニケーションには何が大事か? 相手に関心を持つことが第一歩――ということから始まり、集中力を高めるための方法について考えます。作業に集中するにはどうすればいいのか。あえてギリギリまで何もしないのも一つの手です。また、集中できない人は、仕事量を増やし、難しい仕事に挑戦するのもいいかもしれません。なぜなのかについても西村理事長が説明します。そして最後、不器用な人間は、量をこなして自信を得ることが成長につながるというお話です。

  • ほめ達!の「未来を拓く言葉たち」第18回 「ほめる」とは自分の心を整えること ほめる達人協会の西村貴好理事長と、未来を切り拓く言葉を獲得するトレーニング、第18回は、自分の心を整えることが、「ほめる」行為だ――という内容。「ほめ達!」では、何かのミスした人に対して、その事実に気付いてもらいます。その“気付き”をたくさん積み重ねるのが経験なのだと知ってもらう。誉めるとは、言葉で光を届けること。当たり前の闇に光を届けよう。そして、叱るべきことは叱る。できていることをほめるのが大事。ほめるのは、他人をコントロールするためではありません。自分の心を整えるためのものなのです。

  • 会社行事に“チャンバラ”がアツい!? 近年、社員旅行や親睦会といった社内行事が再注目され、実施する企業が再び増えつつあると言います。とはいえ、社員にとって参加する面白味がない行事では、モチベーションが下がるばかりか、離職の一因にもなりかねませんそこで、社員が楽しめ、結束力強化や仕事のモチベーションを高める社内行事として、“チャンバラ”はいかがでしょう? 

  • トップシェフ直伝! 「ダイバーシティ・マネジメントのレシピ」vol.2 多様なバックグラウンドを理解する重要性 こんにちは、「スパゴ」ビバリーヒルズ本店で総料理長を務める矢作哲郎です。先月は、僕の働いている環境について紹介しましたね。メルティング・ポットとして知られるロサンゼルスにある「スパゴ」本店は、まさに今、日本の企業が力を注いでいる“ダイバーシティ”な職場。今回は、少し踏み込んで、多様なスタッフたちとどうやって今のようなチームを築くことができたのか、お話ししましょう!