B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

メンタル指導の専門家が プラス思考の選手を育成
株式会社Beyond the Limits 代表取締役 大津信亮

 
プロフィール 神奈川県出身。エンジニアとして企業に勤めながら、実業団でテニスプレーヤーとして活躍。その一方で、学生や社会人テニスチームの指導にも関わる。その中で、強い選手を育成するにはメンタルを鍛えることが重要であると気付く。メンタル指導について学び、メンタルコーチ、スポーツ指導者として独立。2019年、メンタル指導や指導者のコミュニケーション指導を手がける(株)Beyond the Limitsを設立した。
 
 
 
プロ、アマを問わずスポーツ界でますます重視されるメンタルの強化。その指導を手がける専門家集団が株式会社Beyond the Limits(ビヨンドザリミッツ)だ。代表取締役の大津信亮氏は、「思考の癖」を取り除き自分で考え行動できる選手の育成に尽力。野球解説者の駒田徳広氏も現役時代を振り返りながらさまざまなエピソードを披露し、メンタルがプレーや人間性に及ぼす影響についてじっくりと語り合った。
 
 
 

メンタルを鍛え、真に強いプレーヤーを育成

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 駒田徳広(野球解説者)
駒田 スポーツの選手、指導者、チーム、保護者を対象に、メンタル指導や栄養指導を手がける株式会社Beyond the Limitsさん。大津代表はどのようなご経歴をお持ちの方なのでしょう。
 
大津 私はテニスでプレーヤーとして実績を残し、大学卒業後もエンジニアとして企業に勤務しながら実業団チームで活動していました。週末は高校、大学、社会人などさまざまなチームを指導してきたんです。やがて、真に強いプレーヤーを育てるには技術だけでなくメンタルを鍛えることが重要だと気付き、専門的な勉強を始めました。その後、「本当に自分がやりたい仕事はなんだろう」と自問自答し、50歳を目前に退職してメンタルコーチの道を歩み、2019年に弊社を立ち上げました。
 
駒田 独立は勇気が必要な決断だったとは思います。とはいえ、新たな旅立ちは順風満帆のようですね。
 
大津 おかげさまで事業は順調に広がっています。ところで、今日は駒田さんにお聞きしたいことがあるんですよ。駒田さんにとってメンタルとはどのようなものでしょうか。
 
駒田 私はあまり周囲に支配されるとプレーが窮屈になる性格でした。だから自分なりの発想を重視してきたんです。例えば、打席に立つときもその場のシチュエーションを踏まえて相手投手の配球を何パターンも考え、「打てなかったら仕方がない」と割り切って振ることを大事にしてきました。ですから、上から押し付けられるような指示がある場合は、プレーの妨げになることも多かったですね(笑)。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事