B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

電気工事を軸に多角化! 海外進出も視野に拡大中
株式会社エジデン 代表取締役 絵島崇

 
プロフィール 福岡県出身。若い頃から音楽活動に取り組み、25歳のとき、大阪で大手音楽レーベルオーディションの審査員となる。その後、友人に誘われて電気工事業界に入り、2009年、高島電気を設立した。会社を引き継ぎ、2017年に(株)エジデンに社名変更。電気工事の他、買い取った不動産物件をリノベーションして貸し出す新事業や、ベトナムでのシェアオフィス事業など、多角的にビジネスを拡大している。【ホームページ
 
 
 
株式会社エジデン代表取締役・絵島崇氏の強みの秘密は、柔軟な思考と素早い実行力にある。事実、ベトナムで進行していた浄水器設置の新事業が新型コロナウイルス感染拡大の影響で頓挫するも、迅速な方向転換を決心。抱えている現地オフィスを利用し、シェアオフィス事業に乗り出した。コロナ禍でも売り上げアップを続け、安定した企業収益を保ちながら新しい事業にもチャレンジする、絵島社長の動向に注目だ。
 
 
 

友人の誘いにより電気工事業界でスタート

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 狩野恵輔(野球解説者)
狩野 住宅や消防車の電気設備工事を中心に、不動産関係や海外への機器輸出など、多方面でビジネスを展開しておられる株式会社エジデンさん。今回は約1年ぶり4回目のB-plusインタビューですので、前回からの変化を詳しくお聞きしたいと思います。まずはあらためて、簡単に絵島社長のこれまでの歩みから教えてください。
 
絵島 私はもともと音楽活動をしており、そのバンド活動の一環で25歳のときに地元の福岡から大阪に来ました。その後、友人の誘いを受けて電気工事業界に足を踏み入れ、2009年にその友人と起業して、2017年に株式会社エジデンとして独り立ちしたんです。
 
狩野 以前のお名刺には、社名の横に「高島電気」と書いてありましたね。
 
絵島 はい。高橋という友人と最初に起業したので、お互いの名字を取って命名したんですよ(笑)。
 
狩野 この仕事を10年以上続けてこられた魅力は、どんな点にあると思いますか?
 
絵島 職人として知識や技術を得ながら成長できる喜びを感じられるのが、大きな魅力ですね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事