B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

生きた酵母の富元酵素で 腸の酵素を増やし健康に
有限会社酵素科学研究所 代表取締役 今本弘子

 
プロフィール 兵庫県出身。高山植物の調査をしながら酵素の研究を続ける父・藤原忠一郎氏の背中を見て育つ。1952年に忠一郎氏が創業した、野生の酵母菌を培養した乳酸菌飲料「富元酵素」の製造・販売を手がける(有)酵素科学研究所に24歳のときに入社。酵母の知識や培養の技術を学んだ。2003年、代表取締役に就任し、新たな取り組みに挑戦し続けている。【ホームページ
 
 
 
野生の酵母を生きたまま腸に届け、体内の酵素を増やす健康飲料「富元酵素」。この日本で唯一の乳酸菌飲料を製造・販売しているのが兵庫県芦屋市の有限会社酵素科学研究所だ。創業者の娘でもある代表取締役の今本弘子氏は、赤ちゃんからお年寄りまで安心して飲め、直接塗布できるなど体の内外から健康へ導く富元酵素の普及にますます力を注いでいる。農薬で汚染された土壌の改良にも挑戦したいとも力強く語ってくれた。
 
 
 

酵素が足りなくなると健康に影響が!

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 今日は日本で唯一、野生の酵母菌を培養した乳酸菌飲料「富元酵素」の製造・販売を手がける有限会社酵素科学研究所さんにお邪魔しています。さっそく、会社の歴史や富元酵素の開発秘話をじっくりと教えていただけますか。
 
今本 弊社は私の父・藤原忠一郎が1952年に創業した会社です。父は生きた酵母菌をそのまま腸まで届ける研究に成功しました。この難題に必死で取り組んだのは、58歳のときに生まれた私が成長するまで元気でいるためだったんですよ。
 
八木 酵素が健康にいいというのは私も現役時代から耳にしていました。ある試合の賞で酵素飲料をいただいて飲んでいたこともあったものの、当時は酵素の良さがいまいち理解できず、すぐにやめてしまったんですよ。ぜひ、人間の目には見えない酵素がどんなふうに体にいいのかも含めて、詳しく教えてください。
 
今本 もともと父は東京帝国大学で高山植物の調査を続け、国から研究費をいただきながら酵素の研究にも取り組んでいました。ただ、当時は周囲から「酵素は体内でいくらでもつくられる。研究する必要などない」とバカにされていたんです。しかし、長年にわたる研究により人間の腸で生まれる酵素の数には限界があり、加齢などで足りなくなると栄養を十分に吸収できず、命まで脅かすことがわかったんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事