B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

数字重視の不動産管理で 物件の収益を最大化!
株式会社もちくん不動産 代表取締役 藤原秀斗

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 八木裕(野球解説者)
八木 岡山市を拠点にご活躍中の株式会社もちくん不動産さんにお邪魔しています。とてもユニークな社名ですよね。由来を教えていただけますか。
 
藤原 「もちくん」は私の愛犬の名前で、弊社の広告宣伝担当なんですよ(笑)。私が起業するときに考えたのは、会社名はお客様の頭にインパクトを与えつつ、そして何をしている会社なのかすぐわかるものにしようということ。そこで愛犬の名前に「不動産」と付けてみました。
 
八木 ほかの不動産会社とはまったくイメージの異なる、素晴らしい社名だと思いますよ。それでは、もちくん不動産さんの業務内容をお聞かせください。
 
藤原 弊社の業務はアパート・マンションなどの不動産管理が中心です。日々の清掃から空室のリニューアルや入居者の募集まで、建築会社・弁護士・税理士など、さまざまな分野の専門家とのネットワークを生かして、ワンストップで物件の管理をお引き受けしています。
 
八木 ワンストップで対応してくれるのは助かりますよ。「もちくんならすべて任せられる」とお考えのオーナーさんも多いことでしょう。オーナーさんから管理を任せてもらうには、それだけの信頼と実績が必要になりますよね。藤原社長は、どのようなご経験を経て起業したのでしょうか。
 
glay-s1top.jpg
藤原 私は、高校を卒業しフランチャイズの飲食店を運営する企業に就職しました。やがて2店舗のマネジメントを担当するようになりまして。ここで数字を重視することや人材の生かし方など、経営のイロハを学んだ私は将来の独立を見越して30歳で不動産業界に飛び込み、大手不動産会社系列の管理会社に転職しました。
 
八木 30歳で未知の業界に身を投じるとは、大きな決断をしましたね。
 
藤原 はい、実際に働きながら不動産を初歩から学びました。やがて宅建の試験に挑戦することを決めたんです。何度も受けるのは効率が悪いのでチャンスは一度だけと決め、およそ1000時間を勉強に費やしました(笑)。そうして35歳のときに、一発で資格を取ることができたんです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事