B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

安全な除菌・消臭剤で
コロナ禍の社会に貢献!

 

濃度と使い方を守れば口に含んでも安全!

 
glay-s1top.jpg
タージン こちらは主に、どのような場所で使われているのでしょう。
 
丸本 現在は、全国のホテルやゴルフ場のクラブハウス・脱衣場などに導入していただいています。そもそも弊社がプーキープロケアの取り扱いを始めたのは2019年のことでして。ホテルの清掃では、お部屋の中にこもっているタバコや香水の臭いをなかなか消すことができません。そこでプーキープロケアを試していただいたところ、その消臭効果が評判を呼び、次々とお取り引きが広がっていったんです。現在のラインアップは、容量1000mlのロングノズルスプレー、400mlのハンドスプレー、30mlのアトマイザーをはじめ、詰替用のBOX、さらに、空間全体を除菌できる超音波噴霧器「プロミスト」もございます。
 
タージン コロナ禍以前の2019年から扱っていること、もともと除菌より消臭が目的だったというのはおもしろいですね。それにしても、丸本社長はこの見事な商品とどのようなきっかけで出合ったのでしょうか。
 
丸本 実を言うと、タージンさんも実況でご活躍中のアメフトがきっかけなんですよ。私はもともと関西学院大学ファイターズでアメフトをプレーしていて、ポジションはタイトエンドでした。日本一を目指すのが当たり前でありながら、常にチャレンジャーの気概を持ち続ける関西学院大学ファイターズで、私は生きるために必要なことをすべて学び人生のベースとしてきました。卒業後さまざまな職業を経験する中で、アメフトが結んでくれた人の縁でプーキープロケアと出合うことができたんです。
 
glay-s1top.jpg
タージン 丸本社長がアメフトでご活躍された方というのは、私にとっても本当に嬉しいことですよ。もちろん、現在もアメフトと関わりは深いのでしょうね。
 
丸本 はい、アメフトのすそ野を少しでも広げるため、ジュニアアメリカンフットボールリーグのチェスナットリーグに所属している西宮ジュニアブルーインズの副代表を務めています。子どもたちの指導にも汗を流しているところなんですよ。
 
タージン アメフトでも除菌・消臭の分野でも、社会に貢献することを忘れない丸本社長の情熱に頭が下がりますよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事